image:秒刊SUNDAY

生トマトやトマトジュースが嫌いでも、ケチャップは好きという人は結構多かったりします。かくいう筆者も以前はトマトを食べることが出来ず、今でもフルーツトマトは美味しく食べられますが一般的な青臭いトマトは少々苦手です。そんなトマトを苦手とする方々が震え上がる「トマトヨーグルト」なるものがあるので食べてみることにしました。

森永乳業がやりやがった・・・

筆者が世界でいちばん好きな「アロエヨーグルト」を出している森永乳業さんがやってくれやがりました。トマト嫌いな人に寄せずに突き放していくという逆マーケティング。それなら生トマトは食べられるけどそこまで好きでもない筆者が、食べてやろうじゃないですか!

参考:森永おいしいトマトヨーグルト

森永「おいしいトマトヨーグルト」を実食!

とりあえず、どんなものか食べてみたいと思います。くどいようですが、筆者のトマトに対するスキルは「生トマトを食べられるけどそんなに好きでもない」「トマトジュースはそのまま飲めない」です。

image:秒刊SUNDAY

フタを開けるとほんのりピンク色。まるで桃のヨーグルトとのような色合いですが、匂いがトマト。しかも古いタイプのトマト。これはちょっとヤバい。

image:秒刊SUNDAY

それでは食べてみましょう!いただきます!・・・うわー、懐かしいエグいやつだ。テンションめっちゃ下がる・・・子供のころ食べた青臭いやつに近い。またヨーグルトの甘みと相まって微妙な味わいに。見た目はトマトがゴロゴロ入って美味しそうなんだけどなぁ。

image:秒刊SUNDAY

生トマトを入れるだけで「トマトヨーグルト」を再現出来るのか!?

というわけで、あまりにも生トマト感溢れるヨーグルトでした。これなら生トマトを実際にプレーンヨーグルトに入れれば再現出来てしまうかも。とりあえず材料を用意してみました。

あえてめちゃくちゃ安いトマトを準備して、1/8に切ったら種を除いてから細かく刻みます。

image:秒刊SUNDAY

細かくなりすぎると食感が残らないので、ある程度のところで抑えましょう。

image:秒刊SUNDAY

同じ森永乳業のプレーンヨーグルト(加糖)を用意して

image:秒刊SUNDAY

トマトをぶち込んで混ぜるだけ!簡単ですね。

image:秒刊SUNDAY

トマトヨーグルト(既製品)とトマトヨーグルト(手作り)を比べてみましょう

左が今回生トマトを刻んで作ったトマトヨーグルトで、右が森永トマトヨーグルト(既製品)です。色がほんの少し違うくらいで、ほとんど差がありません。

image:秒刊SUNDAY

次に生トマトを自分でぶち込んだ方を食べてみます!・・・同じっ!本当に区別がつかないレベルで同じ味!!っていうことは、森永トマトヨーグルトって生トマトぶち込んだだけなのかしら(多分違うけど)

image:秒刊SUNDAY

同じなら混ぜちゃえばいいんじゃね?ってことで既製品と手作りを混ぜてみました。

image:秒刊SUNDAY

その結果、全く違和感なし!森永乳業さんがおっしゃる通りの味になりました。

・トマト丸出しの味わい

・果実残りの良いトマト

・あの独特な香りを引き出す

トマト嫌いな人がトマト嫌いである理由を忠実に再現したヨーグルトでした。トマト嫌いな人には絶対無理!筆者みたいな中途半端な人は微妙だったので、トマト好きな人は美味しくいただけるのかもしれませんね。個人的にはやっぱり無理でした・・・

image:秒刊SUNDAY

味は微妙でしたが、実験としては大成功!「森永おいしいトマトヨーグルト」は「森永ヨーグルトプレーン加糖」に刻んだ生トマトを入れると「ほぼ再現できる」ということになりました。ごちそうさまでした!ずっと息がトマトの青臭さでしんどい・・・

こちらはトマトジュースが苦手な人向けの「トマトジュースを美味しく飲む調理法」です。トマトジュースバリ苦手な筆者が美味しく飲めたので、ぜひ試してみてくださいね!

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「森永トマトヨーグルト、トマト感が強めらしいので、生トマトを普通のヨーグルトに入れて比較してみた