ついに発売日を迎えたPS5。SONYとしてもライバルであるニンテンドースイッチが大好評なので、追いかける意味でもここは沢山の人々に渡って欲しいところでしょう。しかし、予約している人々が全員PS5を欲しがって予約しているわけではないのです。いわゆる転売行為は、SONYからしても頭の痛い問題でしょう。

転売行為は全てが違法か

転売行為が全て違法であるか、と問われるともちろんNOです。

source:ベリーベスト法律事務所

ただ、違法性を問われるケースもあり、過去には書類送検されている例も沢山あります。そもそも他者の努力の上澄みだけを啜って生きているとみなされてもおかしくない、定価以上で売る転売ヤーは、民度が高いとは到底言えないでしょう。

メルカリ民

しかし、そんな民度に対抗できる唯一の存在がメルカリ民です。メルカリ自体はもちろん普通のフリマアプリですが、その中に住まう民の一部(あくまで一部ですよ!)は、素敵すぎるマイルールを用いたり、相手のルールをへし折って値下げ交渉して見たりととってもめんど...自由で欲望に正直な方々。

転売ヤーと争いを繰り広げる

しかしそんなメルカリ民の自由さが、転売ヤー相手には良い方向で作用しているようです。

6万円で購入します。無理なら通報します

強気なのか弱気なのか、定価よりは高く買おうとしてあげる姿勢を見せつつも、値下げor通報という究極の2択を迫るというムーブ。流石です。

Twitterの反応

PS2とPS3を足して5になるから交換しようなど、無理難題をふっかける方々が続出。

メルカリ側としては、「定価より高く売っている悪質な転売だ」と通報されたからには、おそらく注意以上の事はしなければならないでしょう。

行儀のよい行為とは言えませんが、迷惑な転売行為が無くなってくれるならという考えがよぎってしまう人も少なくはないようです。

今のところ、PS5の転売行為はコケているようなので、これに懲りて悪質な転売行為が無くなってくれると良いですね。

画像掲載元:秒刊サンデー

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「PS5をめぐり、メルカリ民と転売ヤーが血で血を洗う争いを繰り広げていると話題に