image:秒刊SUNDAY

出身地の茨城県、そして水戸市を愛してやまない「でんぱ組.inc」&「虹のコンキスタドール」兼任の根本凪。全国区の超人気アイドルでありながら、地元茨城放送のラジオ番組でレギュラー放送を持つなど茨城愛が本物だということを見せつけてくれています。そんな我らが「ねも」が愛する「茨城県水戸市周辺」を聖地巡礼します。

茨城は「ねもファン」「でヲタ」「虹コン大好きマン」以外の人も楽しめる!

2020年、都道府県魅力度ランキングで最下位を脱出し42位へランクアップした我らが茨城県。茨城県民としては最下位をネタにしていた節があるので、少々寂しいと感じるのも本音だったりします。そんな茨城の魅力を手っ取り早くお伝えすべく、水戸駅周辺を「根本凪」聖地巡礼してみました!

image:秒刊SUNDAY

「どうしてもここでとりたかった!!!そう!地元、水戸!」(注:筆者の出身地ではありません)

水戸駅周辺を散策!

本当に何もないと言いつつ色々あるのですが、北口を出てすぐに水戸黄門像があります。助さん格さんも一緒にいる豪華仕様!ここは並んで写真を撮る人も多いです。

image:秒刊SUNDAY

そして駅前の道路。ねも推しならばここがすぐにわかるはず。

image:秒刊SUNDAY

そして茨城のアイコン鈴木奈々さんの大きな看板。

image:秒刊SUNDAY

そのまま北口を背にして20分ほど歩くと、左手にあるビジネスホテルに囲まれるようにお団子屋さんの「伊勢屋」があります。

image:秒刊SUNDAY

みたらし団子、あん団子(この日は売り切れ)が特に美味しいんです!駅から歩きますが、お散歩がてらお土産にぜひ!

image:秒刊SUNDAY

水戸駅に戻りつつ大通りを挟んだ反対側に、特徴的な形の「水戸芸術館」があります。夜になるとライトアップされて綺麗です!

image:秒刊SUNDAY

更に水戸駅に戻ると水戸ライトハウスがあります。ここは全国的に有名なライブハウスで、驚くような大物アーティストがライブを行うことも。筆者の好きなアーティストだと「ヤバいTシャツ屋さん」「MAN WITH A MISSION」「恵比寿マスカッツ」等が近年ライブをしています。特にヤバTはつい先日ライブをしたばかり・・・ヤバT、本当に行きたかった。

image:秒刊SUNDAY

他にもたくさん見どころがあるのですが、この辺で水戸駅に戻りましょう。

ここまでの「ねも神・聖地」

・水戸駅北口

・歩道橋からの大通り(50号線)

・伊勢屋(だんご)

水戸駅南口、ここに本当の「ねも神」聖地がある!

さて、今度は先ほどとは逆の水戸駅南口。元々は南口は何にもない場所だったのですが、近年の再開発で南口中心の街づくりになりました。駅ビルの名称は「EXCEL」でビックカメラ等が入っています。

image:秒刊SUNDAY

この中に見えるモニターはエクセルビジョンと呼ばれCM等が流れているのですが、虹のコンキスタドールの「サマーとはキミと私なりっ!!」のMVが10月中旬まで流れていました・・・

と思いきや、10月27日になっても流れていました!残念ながらモニターの下の方が壊れてしまっているようです。(急いで撮ったので写真が乱れていてごめんなさい)

image:秒刊SUNDAY

駅を出て右の方を見ると納豆の化身が!銅像といっていいのかわかりませんが、台座を入れると2m60㎝ほどあるビッグサイズ!こちらも写真スポットなのでお忘れなく!

image:秒刊SUNDAY

そしてついに本陣突入!水戸駅南口隣接のOPA(オーパ)5Fにタワーレコード水戸店があります!ここはガチ!

image:秒刊SUNDAY

5Fに来ましたよ。茨城唯一のタワレコです。

image:秒刊SUNDAY

奥まで歩を進めると・・・ありました!こいつはやべぇ!一角が虹コンでもでんぱでもなく「根本凪」で埋まっております!等身大パネルまでありやがりますよ!希望者は手書きのメッセージを残せますので、店員さんにお声がけするといいですよ。

image:秒刊SUNDAY

「根本凪」「でんぱ組.inc」「虹のコンキスタドール」のサイン。これが揃うのはかなりレア!

image:秒刊SUNDAY

もう愛しか感じない。茨城が生んだ大奇跡、水戸の至宝に対するタワレコスタッフの愛しか見えねぇ!

image:秒刊SUNDAY

何時間でもいられそうな場所ですが、そろそろ移動します!

ここまでの「ねも神・聖地」

・エクセルビジョン

・タワーレコード水戸店

アートブック「NG」でおなじみの阿字ヶ浦へ!

続いては阿字ヶ浦駅へ!水戸駅からは電車移動だとかなり面倒な行程になるので、自動車での移動を強くおススメします。渋滞がなければ、約30分で到着します。

image:秒刊SUNDAY

ねも推しなら、お!っと思ってくれるであろう駅のアングル。

image:秒刊SUNDAY

正直言って何もありません!でもそこがいい!一通り見たら海岸に行ってみましょう!

image:秒刊SUNDAY

阿字ヶ浦駅付近の海岸は、海水浴シーズン以外になると本当にいい意味で何もありません。

image:秒刊SUNDAY

見えるのは海と空と砂浜と遠くに見える工場だけ。

image:秒刊SUNDAY

本当に何もないのが最高な場所。

image:秒刊SUNDAY

ここから更に20分ほどで、ガールズアンドパンツァーでおなじみの大洗があります。

image:秒刊SUNDAY

大洗には「かねふくめんたいパーク」があり、明太子の工場見学も出来ますよ!

image:秒刊SUNDAY

こちらには明太子がガッツリ入ったソフトクリームもありますので、ぜひお試しを・・・意外とウマいです。

image:秒刊SUNDAY

大洗とは逆の方向になるのですが、阿字ヶ浦から北に10分ほどで「国営ひたち海浜公園」に着きます。(写真は4月下旬のネモフィラ)

image:秒刊SUNDAY

ロッキンジャパンフェスでもおなじみの場所ですが、本当に素晴らしい場所なんです。視界が花で埋め尽くされます。

image:秒刊SUNDAY

観覧車もおススメ!海のそばなので水平線が近くに見えますよ!

image:秒刊SUNDAY

それではこのへんで水戸に戻りましょうか・・・

ここまでの「ねも神・聖地」

・阿字ヶ浦駅

・阿字ヶ浦海岸

水戸駅は暗くなってからが綺麗なんですよ。

image:秒刊SUNDAY

ぜひ、茨城県を水戸をよろしくお願いいたします。

「茨城に来たなら、ラジオを聞いてった方がいいでしょーよ」

毎週金曜日21時から茨城放送で絶賛放送中の「根本凪のシャカリキごじゃっぺラジオ」、茨城に来たら「radiko」のタイムフリーを使って一度聞いてみて欲しい!と思ったのですが、賢明なシャカリキッズの皆さんなら「ラジコプレミアム」に入って毎週聞いてますよね!

もし、万が一聞いていないという人がいたら、クセのありすぎる「根本凪のシャカリキごじゃっぺラジオ」公式Twitterをチェック!公式さんでしか見られないヤバい「ねも」が見られるので必見です!ラジオは必聴です!聴かないヤツは針山の上で正座30分の刑だかんね。

ここからはちょっぴりナイショの話・・・

最高のフレンチトースト、アイスクリーム添え。

最高のカフェオレ。

幻のフルーツサンド・・・大好きな場所。

最後の「ねも神・聖地」

・「     」・・・ご想像にお任せします。

水戸周辺聖地巡り、いかがでしたでしょうか。アートブックコレクション「NG」を中心に巡ってみましたが、根本凪さんを知らなくても楽しめる場所がたくさんありますよ。

全ては夢眠ねむさんのキャラクター「たぬきゅん」がいなければ何も始まっていなかったんですよね。筆者がこの記事を書くことやライターになっていなかったかも知れません。本当に人生とは不思議なモノです。

所属している「虹のコンキスタドール」の楽曲はすべてハイクオリティなのですが、AmazonプライムMusicで聴けるのでプライムユーザーの皆さんは一度聴いてみてください。特に「トライアングルドリーマー」は必聴!

根本凪【ねもと なぎ】

1999年3月15日生まれ(21歳)

2013年「水戸ご当地アイドル(仮)」候補生としてデビュー、2014年に「虹のコンキスタドール」結成メンバーとなり、その後グラビアで大ブレイク。2017年「でんぱ組.inc」に加入し「虹コン」と兼任。「鹿目凛」とのユニット「ねもぺろ」としても活躍中。趣味はイラスト、尊敬する人は元でんぱ組.inc「夢眠ねむ」

source:虹のコンキスタドール(根元凪プロフィール)

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「でんぱ組&虹コン根本凪(21)の聖地巡礼、茨城県水戸市周辺を巡ってみた