image: 秒刊SUNDAY

マクドナルドと言えば世界的に有名でメジャーなファーストフード店です。それだけに従業員の数も多く、2019年には日本だけでも2,161名働いているとされております。それだけの巨大組織であるがゆえに、発生してしまいますのが、大きな事故やトラブルです。クレームは毎日、事故も日常茶飯事ですが、こんな恐ろしい事故が起きております。

仕事中に、冷凍庫で死ぬ。

仕事中に不慮の事故に見舞われることは、本来あってはならないことではあるのですが、現実にはあります。もちろん体を使う職場であれば、その危険性はなおさら高くなるわけですが、こちらは「死」とは無縁の企業であるように思えます。

しかしながら実態は、かなりハードワークのようで、時には死と隣り合わせということもあるようです。そんな事故がおきてしまったとのこと。

問題が起きたのは、ポーランド南部の街にあるマクドナルド。そこで31歳の女性が、冷凍庫の中で原因不明で死んでいるのが発見される。

しかし、よくよく調べてみると女性は、冷凍庫から資材を搬入。その際に棚にあった荷物がバランスを崩し、女性に襲いかかり、そのまま女性は圧死。そして冷凍庫の中で10分後に発見されたということだ。

image:写真AC

マクドナルドの冷凍庫は、マイナス22℃にもなる極寒の環境。そこには肉やフライドポテトなどの解凍前の状態でおいてあります。そしてそれぞれは非常に重い。

マックの裏レシピも話題ではありますが

なんとも残念な事故。このような方々の苦労があって我々は美味しくマクドナルドを味わっていることを忘れてはいけないのかもしれません。

Source:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マクドナルド、仕事中に冷凍庫で死ぬ、謎の事故が発生する