image:秒刊SUNDAY

デカ盛りメニューで有名なコメダ珈琲店ですが、みなさんは行ったことがあるでしょうか。食べ物だけでなく、飲み物もボリュームのあるサイズがあるため喫茶店でありながら食欲も満たせる素晴らしい場所です。そんなコメダ珈琲店から肉がたっぷり詰まったハンバーガーが発売されたので牛丼にアレンジしてみました。

コメダ珈琲店の新作「コメ牛」発売

コメダ珈琲店から新メニュー「コメ牛」が発売されました。見た目はハンバーガーですが、驚くのはその肉の量です。3種のサイズから選ぶことができますが、これは牛丼店も顔負けの肉感でしょう。これだけの肉があれば美味しい牛丼にもアレンジすることができそうです。

コメ牛を牛丼にアレンジしてみた

image:秒刊SUNDAY

コメ牛を入手するため、コメダ珈琲店へやってきました。今回は牛丼にアレンジするため、テイクアウトをします。

image:秒刊SUNDAY

ズッシリと重量感のあるハンバーガーをテイクアウトしてきました。持っただけで分かるこれはすごい肉感です。

image:秒刊SUNDAY

中を拝見すると溢れんばかりの肉が姿を表します。

image:秒刊SUNDAY

今回は「肉だくだく」なので通常の3倍の量の肉がここに詰まっています。パンに収まりきらないので、肉が溢れ落ちています。

せっかくなのでアレンジをする前に、1口味見をしておきましょう。

image:秒刊SUNDAY

これはうまい!

ハンバーガーと言うよりも肉を食べている感覚です。この肉の量はさすがコメダクオリティというところでしょう。

image:秒刊SUNDAY

それではアレンジをしていきましょう。ホカホカの白米を用意して

image:秒刊SUNDAY

肉を乗せていきます。

image:秒刊SUNDAY

もしかしたら肉が足りないかもと思いましたが余計な心配でした。これは充分牛丼として出されても満足できるクオリティでしょう。それにしてもものすごい肉の量です。

image:秒刊SUNDAY

それではいただきます!

肉に絡み付いた甘辛いタレがご飯と合わさって最高に美味しいです!

image:秒刊SUNDAY

さらにここで悪魔的な追加トッピングをしちゃいましょう。

image:秒刊SUNDAY

コメ牛牛丼の卵トッピングです。これは見ただけで分かるウマイやつです。

image:秒刊SUNDAY

この絡みつく卵がまた味をまろやかにしてくれて最高に美味しいです。やはり牛丼と卵の相性は抜群でしょう。この肉をハンバーガーとして食べるだけなのは非常に勿体ないです。もしもコメ牛を買う機会があれば、ライスと一緒に食べることをオススメします。

近くにコメダ珈琲店がない人は、無理矢理自作でコメ牛を作って気分だけでも味わいましょう。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「コメダのコメ牛バーガーで牛丼作ってみた結果