image:写真AC

一時期日本でも子供のリード紐やハーネスは、倫理的に問題がないのかという議論はありましたが、最近ではあまりつけている人も見かけることもなく、一時的な騒動だったのかもしれません。しかしながらお隣中国では、子どもたちの事故を防ぐためにハーネスをつけているということですが、逆にむしろ事故を誘発させる恐ろしい問題が起きております。

子供用のリード紐とは

子ども用のリード紐とは、子供がどこかに行かないように、未然に事故を防ぐ目的で母親とつないでおくものです。ただし見た目は、ワンちゃんの散歩に見えてしまうので、子供を犬扱いするのは虐待だという倫理的な観点から度々問題になります。

そんなリード紐ですが、逆に問題を起こしてしまいました。

今回問題が起きたのは中国、湖北省の大冶市で、子供と親が紐で結ばれた状態でエレベーターに乗ったところ、子供だけの状態で扉が閉まり、そのままエレベーターが下に動いてしまうという恐ろしい状態に。

エレベーターが動いても、紐はお互い繋がれた状態です。想像するだけで恐ろしい事態ではありますが、一体どうなったのでしょうか。

映像を最後まで見ますと、どうやら紐が挟まってしまった影響で、エレベーターが緊急事態を感知し、停止。もとのフロアに戻るという不幸中の幸いの状況に。

その結果子供は無傷で、戻ることができたということで無事だったようです。

幼児用リードは以前もFacebookなどで問題になりましたが

リード紐は450円ほどだということです。450円で繋がる命もありますが、450円で落とす命もある。非常に難しい選択ではあります。

Source:DailyMail

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「幼児用リード紐、エレベーターで恐ろしい事故を発生させてしまう