image:秒刊SUNDAY

皆さんは卵料理は好きでしょうか。家庭料理でも簡単に扱うことができるので、家で毎日食べている人もいるんじゃないでしょうか。そんな卵料理の1つ、卵焼きは誰もが一度は食べたことがあると思います。その卵焼きのオシャレすぎる焼き方が話題になっていたので味はどれほどの物なのか実際に作ってみました。

卵焼きの新しい作り方

卵焼きの新しい作り方と称した動画がネットで話題になっています。目玉焼きを作るように白身をフライパンで焼き、後で乗せた黄身を包み込む斬新なスタイルです。見た目もオシャレですね。

作ってみた

image:秒刊SUNDAY

作り方は簡単そうなので、作ってみましょう。

image:秒刊SUNDAY

黄身と白身に分けていきます。

image:秒刊SUNDAY

まずは白身だけ焼いていきましょう。

image:秒刊SUNDAY

白身に色がついてきたところで黄身を投入します。

image:秒刊SUNDAY

パタパタと折り畳んでいきます。

image:秒刊SUNDAY

卵焼きのような、目玉焼きのような中間的な存在になりました。

image:秒刊SUNDAY

過去にこんな形の卵料理を見たことがあるでしょうか。中々斬新な仕上がりです。

image:秒刊SUNDAY

醤油をオシャレにお皿に盛り付けたら、何とフランス料理並みにオシャレになりました。

image:秒刊SUNDAY

中から半熟の黄身が流れ出してとても美味しそうです。醤油と卵、合わないわけがありません。

image:秒刊SUNDAY

醤油と絡めていただきます!

もう言うまでもなく美味しいです。しかし、味はそのまま半熟の目玉焼きなので、あくまで見た目がオシャレに変化しただけですね。皆さんもたまには普段とは違った卵の焼き方を試してみてはいかがでしょうか。

卵といえば、夏場の車内で温泉卵が本当にできるのか試してみました。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「卵焼きをフランス料理並みにオシャレにする方法、実際に試してみた