image:写真AC

新型コロナウィルスの影響により、世界的にジャガイモの供給不足が起きています。マクドナルドでは、マックポテトのL・Mサイズが販売休止となり、約1か月間Sサイズのみの販売が発表されました。マクドナルドで食べられないなら、別の店舗でフライドポテトを食べればいい!そう考えた方もいることでしょう。しかし、びっくりドンキーの『びっくりフライドポテト』も販売休止が発表され、ポテト難民が続出する事態となりました。

びっくりドンキー、フライドポテト販売休止

オリジナルの木製ディッシュと、お箸で食べる独自スタイルのハンバーグが人気の『びっくりドンキー』で、フライドポテトの販売休止が発表されました。

びっくりドンキーといえば、ハンバーグの他にサイドメニューも充実しており、『びっくりフライドポテト』を注文するという方も多いのではないでしょうか。

しかし、新型コロナウイルスの影響による国際物流の混乱と港湾の混雑悪化に伴い、ポテトの供給が間に合わないことを理由に、2021年12月24日から一部店舗、2022年1月14日から全338店舗で下記メニューの販売休止が発表されました。

・びっくりフライドポテト
・ザンギ&ポテト
・スパイシーポテト
・チーズソースポテト
・キッズポテト

source:輸入遅延に伴う「びっくりフライドポテト」の一時販売休止について

びくドンでもフライドポテトが食べられない……ポテト難民続出

マクドナルドに続いて、びっくりドンキーでもフライドポテトが販売休止となり、ポテト不足が深刻な状況が伺えます。

「びっくりドンキーもポテト中止だって!」「ここのポテト好きだからポテトだけ別に頼むのに、残念。」「びっくりドンキーお前もか!!」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

また、販売休止のニュースを知らずに訪れた方が、店舗での案内を見て、「ポテト食べたくてびっくりドンキー入ったのに号泣、お前もか」と、残念がる声も。

ポテトロスに陥っている方も多いことでしょう。

しかし、マクドナルドのマックポテトはSサイズのみですが販売されており、ポテト難民の救世主となりそうですね。

source:ハンバーグレストラン びっくりドンキー

情報提供元 : 秒刊SUNDAY
記事名:「 びっくりドンキー、お前もか。フライドポテト販売休止でポテト難民続出