image:写真AC

ワンちゃんといえば、飼い主が家に居ない際は非常にストレスを感じ、一体いつかえってくるのかと、悶々とするようで、時には部屋がシッチャカメッチャカになるほど、寂しがり屋の可愛い生物ですが、これが本当に帰ってこないとなると一体どうなってしまうのか、そして帰ってきた際はどんな反応をするのか、こちらの映像が話題です。

3ヶ月ぶりに飼い主に再会したワンちゃん

数時間帰ってこないだけで、寂しくなり大騒ぎするワンちゃんは多いかと思いますが、こちらのウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアのワンちゃん、ネイビスは、飼い主が3ヶ月も帰ってこなかったのだとか。

その理由として、飼い主がうつ病となり、入院してしまったようで、人間にとって3ヶ月はある程度我慢出来る期間なのかもしれませんが、犬にとっては果てしなく長い時間であることは間違いありません。

そこで3ヶ月ぶりに戻り、飼い主が「ネイビス、ネイビス!」と呼ぶと、最初は戸惑いながらも飼い主だとわかると大喜び、あまりの嬉しさに、溢れんばかりの鳴き声がなんとも心を癒やされます。

動画はこちら(Tiktok

飼い主と再会する感動的なワンちゃん

今回のネイビスだけでなく、飼い主と何ヶ月ぶりかに再会するという感動的なワンちゃんの動画はこの他にも沢山あります。

ただ、気になるのは飼い主「クロエ」さんのうつ病。彼女はなぜそこまでになってしまったのか、そして今後また入院することはないのか。

兄の死を理解するワンちゃんも感動的でしたが

ネイビスにとってもそれはかなり死活問題なのかもしれません。

Source:DailyStar

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「3ヶ月間入院していた飼い主に再会するテリアに涙腺崩壊