日本の中に「お母さん」という存在はどれだけいるのでしょうか。見てきたわけではないのでわかりませんが、自分の母親にはやはり感謝しておりますし、大人になった今だからこそ偉大な存在だと思うわけです。そんなお母さんは、想像もつかないような場所で、及びもつかないような努力をしているとしたら、どう思いますか?

お母さんは大変だ

お母さんは、子供が小さいときは片時も目を離せずに、自分の睡眠時間や何やらを犠牲にしてでも子供第一で育ててくれる。しかもその間にご飯を作ったり、掃除をしたり洗濯をしたりと家事までこなす。脱帽です。

わかってるつもりでもわかっていなかった

大人になって凄さがわかるといいつつ、子供がいたことも無い筆者には本当の意味での母の偉大さというのは一生わからないのかもしれません。こんなところでこんなに疲れるまで努力していたなんて事もきっとあるのかも。

こんなに頑張ってただなんて…

お母さん、タイまで行ってなんとグリーンカレーを作ってくれていました。これはまさしくแกงの味。母がแม่としてそんなに頑張ってくれていただなんて全く知りませんでした。

Twitterの反応

アクティブかつ、凝り性お母さん。学園祭でクラスで使うハッピを作ってって言ったら伝統あるお祭りでも着れそうなハッピをこさえてくれそうです。

お母さんにそんな隠された使命があったとは。今まで知らずにずっと生きていました。お母さんって凄いですね。

母には、様々な厄災に備えてサッカーボールを事前に買い与えるという特殊能力もあるようです。ますます母は強しという事ですね。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「あの有名なお母さん、遂に世界進出を果たしたと話題に