image:pixabay

飛行機といえば、陸地ではなく上空を飛んで移動する手段であり、ある意味、スリルやその辺の居心地の良さを楽しむものであります。しかし我々が見ることが出来るエリアはごく一部で、客室・トイレそして、CAが活動する仕事エリアごく一部です。パイロットのいる操縦室はまず見ることが出来ないのですが、それ以外にもあるようです。

飛行機にはスタッフしかしらない極秘部屋がある

この投稿をInstagramで見る

Zach Griff(@_zachgriff)がシェアした投稿


さて話題となっておりますのはこちらのアカウント。

787ドリームライナーに搭乗し、撮影されたこちらの映像は、キャビンをあるきなぞの入り口をあけると、小さな階段そしてその先にあるのは・・・なんと乗務員が休憩する部屋。通常このような部屋は明るみに出ることは有りません。

作家のザックグリフが今回公開したもので、普段は決して見ることが出来ない貴重な映像を公開しております。

もちろん我々はここのエリアには立入禁止です。

この投稿をInstagramで見る

Zach Griff(@_zachgriff)がシェアした投稿

映像には、ベッドのようなものが見えます。ここで乗務員は仮眠を取るようです。長いフライトになると、乗務員も休憩を取らなければならず、船の航海のように体を休める。

もしここで休んでみたい、という希望があれば、今からでも遅くない、CAになり、国際線に搭乗するしかないのです。

もちろん、パイロットでもいいですよ。

Souce:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「スタッフしか知らない、飛行機の知られざる謎の部屋が公開、大反響