STマイクロエレクトロニクスは、自動車の先進的なリア・コンビネーション・ランプやインテリア照明向けに、複雑で革新的な視覚効果を実現する機能を備えた12チャネル対応の車載用LEDドライバ ALED1262ZTを発表した。

 すべてのチャネルで独立した7bitのPWM調光が可能なため、テール・ランプ、ストップ・ランプおよび方向指示灯を柔軟に制御でき、動的な効果も実現できる。各チャネルは、最大19Vで一定の出力電流を供給し、複数のLEDが連なったLEDストリング・ライトを制御することが可能。6mA~60mAの範囲で調整できるため、高い最大輝度で幅広い調光を実現する。また、このLED照明ドライバは、ホスト・マイクロコントローラからのI2Cコマンドに対応するとともに、あらかじめふたつの設定をプログラムすることでスタンドアロン型の動作が可能なため、柔軟性がさらに向上している。



 ALED1262ZTには、LEDオープン検出やサーマル・シャットダウン機能付きの過熱警告といった診断機能が内蔵されており、長期にわたる堅牢性と安定性を実現している。また、入力電圧範囲は5.5V~38Vのため、バッテリに直接接続されたシステムで使用できる。さらに、チャネル毎のオン/オフ遅れ時間を設定でき、スペクトラム拡散クロック動作に対応しているため低ノイズ動作が可能で、その他の車載用電子部品とも簡単に組み合わせることができる。



 ALED1262ZTは現在量産中で、熱効率に優れたHTSSOP24パッケージ(6.4x7.8mm、露出パッド付き)で提供される。単価は、1000個購入時に約1.00ドル。



 また、評価ボードであるSTEVAL-LLL002V1は、STのウェブサイト(www.st.com)または販売代理店から入手可能。ALED1262ZTの機能が評価できるこのボードにより、新しい照明の設計を迅速に開始することができる。

詳細についてはウェブサイト参照( https://www.st.com/ja/power-management/aled1262zt.html?icmp=tt12001_gl_pron_jun2019 )

情報提供元:MotorFan
記事名:「 STマイクロエレクトロニクス:最先端の照明設計を簡略化する柔軟性の高い12チャネル対応車載用LEDドライバを発表