• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • DHC
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • LiveMe
  • MATCHNOW
  • じゃらん

MotorFanの記事一覧

日本の名エンジン 10A/8020:今も語り継がれる伝説的エンジン

2019.08.18 06:00

上下や左右方向への運動を変換するよりも、最初から回転していたほうがいい。誰もが納得する理屈である。だが、それを実現しようと考えたとき、何度も挫折の淵に叩き込まれることになる。恐れをなしたライバルたちが次々と退散するなか、マツダだけ...続きを読む

連載コラム「酷道を奔り、険道を往く」Vol.10

2019.08.17 17:00

「酷道」や「険道」に溢れる我が国でも、やはり究極を求めていけば「未舗装林道」に辿り着く。とはいえ舗装化が進み、とりわけ関東では未舗装の林道に巡り会う機会も珍しくなってきた。スズキ・ジムニーで本州有数のロングダートを走る。 REPO...続きを読む

BMW8シリーズ カブリオレ試乗記

2019.08.17 16:35

昨年のLAショーで初披露されたBMW 8シリーズのカブリオレがほとんどタイムラグなく日本に導入された。ラグジュアリーオープンモデルに相応しいソフトトップは、優雅な8シリーズをさらに洗練させて見せるか? REPORT◉島下泰久(SH...続きを読む

北海道の自動速度取締機、Hシステムは、赤切符ギリギリの31km/hオーバーでも光る!?

2019.08.17 16:00

今を去ること約2年前の平成28年5月、とあるドライバーが沙流郡の国道(一般道)に設置されている自動速度取締機Hシステムにより、31km/hオーバーで検挙された。が、Hシステムを取り巻く、様々な状況を根拠に疑問を抱いたドライバーは、...続きを読む

AUDI TTS Coupe:3代目は「カワイイ」というより、「カッコイイ」

2019.08.17 11:05

初代TTのデザインスタディはまさに「衝撃的」だった。「機能に優れたものは美しい」という極めてドイツ的な考えのもとにデザインされた初代TT。現行モデルは三代目にあたるが、そのキャラクター、走りはどうだろう? ジャーナリスト、世良耕太...続きを読む

アウディA6 セダン55TFSIクワトロ×メルセデスAMG E53 4マティック+×BMW 540i xドライブMスポーツ

2019.08.17 08:00

群雄割拠の欧州Eセグメントに満を持して新型A6が投入された。 シャープなデザインに進化したA6はライバルを大きく上回る性能の持ち主か? 対するはメルセデスAMG E53とBMW 540iのAWDモデルたち。 長距離を乗り比べてみる...続きを読む

ホンダ:テックマチックシステム/フランツシステム

2019.08.17 07:05

自動車の運転操作は両手両足で行なうようになっている。しかし、それが不可能な場合にはまったく違った操作系をつかわなければならない。運転補助装置のなかに未来へのヒントが隠れているかもしれない。 TEXT:牧野茂雄(MAKINO...続きを読む

マクラーレンがアルティメットシリーズの新型車を予告! 399台限定のロードスターモデルで登場

2019.08.17 07:00

2019年8月16日、マクラーレン・オートモーティブは、8月18日にカリフォルニアで開催されるイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、マクラーレンのアルティメットシリーズに属する新型モデルを発表すると予告。ティザ...続きを読む

新型BMW3シリーズにPHEV仕様の「330e」が登場。「エクストラブースト」機能搭載でシステム出力は最高292ps!

2019.08.17 06:00

BMWはこのほど、新型BMW3シリーズ・セダンにプラグインハイブリッドモデルの「330e」を設定したことを発表した。12.0kWhバッテリー搭載で、EV航続距離は最大66km 330eに搭載するハイブリッドパワートレインは、184...続きを読む

日本の名エンジン RB26DETT:日産R32スカイラインGT-Rのためだけに開発された特別なエンジン

2019.08.17 06:00

2.6ℓ直列6気筒、DOHC、4バルブ、そしてツインターボ。ハイテク競争に明け暮れていた80年代の終わりに、“GT-R”の名前の復活を支えたRB26DETTは、伝説を形作るための”記号”が散りばめられていた。 TEXT●世良耕太(...続きを読む

ページトップ