10月8日、日産自動車はEVと小売店とのマッチングサービス「シャージング+(プラス)」の実証実験を、10月14日から開始することを発表した。

関東圏の「ミニストップ」25店舗で使える特別無料クーポンを提供

 この実証実験は、日産リーフのユーザーに充電器を備えた小売店の位置情報と、充電時間中に利用できるクーポンを提供し、その利用状況をモニタリングすることで、EVと小売店とのマッチングサービスにおけるビジネスインパクトを検証するもの。

 今回の実験では、日産のカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」の会員を対象に、関東圏の60ステーションに配備されている日産リーフの利用者にサービスを提供。実証実験のパートナーとしてコンビニの「ミニストップ」と提携し、関東圏の充電器を備えているミニストップ25店舗で利用できる6つの商品(ソフトクリームバニラ、エックスフライドポテト、クランキーチキン、コーヒーなど)の特別無料クーポンが提供される予定だ。

 「チャージング+」では、ユーザー、小売店、日産のそれぞれにメリットのあるビジネスモデルを目指す。ユーザーはEVの充電時間を有意義に過ごすことが可能となり、小売店では充電をきっかけとした集客増と、滞在時間増に伴う売上増を見込む。また、日産はユーザーに魅力的なサービスを提供するとともに、EVの充電残量データを活用したマッチングサービスにおける収益化の可能性を探る。

●NISSAN e-シェアモビ公式サイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産自動車が10月14日からEVと小売店とのマッチングサービス「シャージング+」の実証実験を開始