・月間販売台数14958台 スペーシア/スペーシアカスタムを含む(19年1月〜6月平均値)

・現行型発表18年12月

・JC08モード燃費28.2 ㎞/ℓ ※「ハイブリッド XZ」のFF車



REPORT●塚田勝弘(TSUKADA Masahiro)

PHOTO●宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki) 

MODEL●森脇亜紗紀(MORIWAKI Asaki)



※本稿は2019年9月発売の「2019-2020年 軽自動車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

全幅 1475㎜ 全高 1800㎜ ミラー・トゥ・ミラー 1840㎜
開口高510㎜


全長 3395㎜ 最小回転半径 4.4m

2018年12月の発売と同時に人気モデルになった。専用の丸型ヘッドランプやブラックのフロントグリル、前後バンパー、サイドドアガーニッシュなどでSUVテイストを強調し、ルーフレールも全車に標準装備する。

■ハイブリッド XZターボ

全長×全幅×全高(㎜) 3395×1475×1800

室内長×室内幅×室内高(㎜) 2155×1345×1410

ホイールベース(㎜) 2460

トレッド(㎜) 前/後 1295/1300

車両重量(㎏) 890

エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ+モーター

総排気量(㏄) 658

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) 47[64]/6000

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 98[10.0]/3000

モーター最高出力(kW[㎰]/r pm) 2. 3[3. 1]/1000

モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 50[5.1]/100

燃料タンク容量(ℓ) 27(レギュラー)

トランスミッション形式 CVT

駆動方式 FF

タイヤ・サイズ 155/65R14

最小回転半径(m) 4.4

JC08モード燃費(㎞/ℓ) 25.6

車両本体価格 169万5600円

乗降性

【前席】ステップ高 345㎜ 助手席シート高 705㎜
【後席】シート高 720㎜ ステップ高 345㎜


最低地上高はスペーシアと同じ150㎜で、低床設計と大開口が美点だ。3段階で開く前ドアも大開口で、大柄な人でも無理な姿勢にならずに済む。後席の座面は少し屈んだ高さにあり、横に移動する感覚で乗降できる。

先進安全装備

衝突被害軽減ブレーキは、約5〜100㎞/h(対歩行者は約5〜60㎞/h)内で作動し、約50㎞/h未満(歩行者は約30㎞/h)なら衝突を回避できる可能性がある。誤発進抑制機能は、最長5秒間エンジン出力を抑制。

撮影車両データ

ボディカラー:アクティブイエロー ガンメタリック2トーンルーフ

オプション装備:全方位モニター用カメラパッケージ装着車(8万4240円)/特別塗装色(4万3200円)/スタンダードプラス7インチワイドナビ〈パナソニック〉(14万994円)/フロアマット〈ジュータン〉ハニカム(2万142円)/他

ボディカラー

※1は2万1600円高。 ※2は4万3200円高。

インパネ

スペーシアカスタムと同様にブラック内装を採用し、メーターやシートステッチにオレンジの加飾を施すことで、アクティブな印象を演出している。フルオートエアコン、前席両側のシートヒーターは全車に標準装備で、写真のカーナビはディーラーオプション。

前席



着座位置は高めで、視界の良さ、開放感の高さが美点だ。ベンチ式のシートはホールド性よりも乗降性や左右ウォークスルーのしやすさを優先した感がある。背もたれのサイズ、座面の前後長は十分で厚みもある。

後席



左右別々にスライド&リクライニングが可能で、最後端にすれば足が組めるほど広々した空間が広がる。座面の前後長、背もたれの天地高ともに不足はないが、格納時を考慮しバックレストはやや平板なつくり。

ラゲッジルーム

【通常時】奥行き 300㎜
【後席格納時】高さ 1100㎜ 奥行き 1350㎜ 幅 850㎜


低い位置から大きく開く開口部、自転車も余裕で飲み込む荷室高を確保する。後席側、荷室側の両方から操作できる5対5分割のダイブダウン式後席を前倒しすれば、ほとんど段差がなくフラットに拡大できる。荷室フロアは防汚仕様なので、汚れや水滴が拭き取りやすく、アウトドアに向く。

うれしい装備

パワースライドドアをリヤドア両側に標準装備する。両手が塞がっていても容易に開閉できるほか、ドアが完全に閉まるまで待たずに済む予約機能付きなので小さな子どもがいる人も安心。

助手席の座面下に脱着可能な大型トレーを用意する。バケツとして使ったり、スニーカーなどを入れたりできる。

「ハイブリッドXZターボ」に速度固定式クルーズコントロールを標準装備し、高速道路を使った長距離移動をサポートする。

助手席前に格納式トレーとドリンクホルダー、アッパーボックスを備えるなど収納は豊富で、多彩なアイテムが収まる。

広いキャビンが魅力だが、スリムサーキュレーターが空気を循環させることで前席と後席の温度差を解消する。夏でも冬でも重宝する。

ヘッドアップディスプレイなどとセットオプションの全方位モニターは、俯瞰映像や左右確認サポート機能などにより視界をフォローする。

後席から使いやすいドア後方にタブレットやメモ帳などが入るポケットを配置。アクセサリーソケットで充電が可能。

シート表皮に撥水加工が施されており、お茶などをこぼしても掃除がしやすく、水遊びした後も気にせずに乗車できる。

シートアレンジ

2名乗車+最大ラゲッジスペース
2名乗車+長尺ラゲッジスペース


前席ヘッドレストを取り外し、背もたれを寝かせればセミフラットになり、仮眠や車中泊などに対応する。後席は座面が沈み込みながら背もたれが格納されるダイブダウン式なので、フラットに拡大できるのも美点。助手席の背もたれも前倒しすれば長尺物の積載が可能だ。

アウトドアに大活躍の充実アイテム

いま流行のアウトドアグッズが充実した「アウトドアスタイル」には、リヤゲートに取り付けるだけで虫の侵入を防ぎ、車内の風通しを良くするバックドアネット(1万6200円)を用意する。

バイヤーズガイド

ハイブリッド XZターボ

ハイブリッド XZ

ハイブリッド XZ(インテリア)

パワーフィーリング的には自然吸気を選んでも街中ではまったく問題ない。しかし、例えばそこそこ長距離通勤に使うとか、山道を走るシーンも結構あるなんていう場合は、ゆとりのターボモデルをお薦めしたいところ。車重は軽めだが、アウトドア道具をたくさん積むことを考えると余裕が欲しい。2択なのであとは色を選ぶだけだ。

全車にモーターのみで発進可能なマイルドハイブリッドを搭載し、自然吸気とターボを設定。両仕様ともに、足元は155/65R14タイヤにハーフホイールキャップ付きアルミホイールを組み合わせる。ターボには本革巻ステアリング、シフトノブを標準装備。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈スズキ・スペーシア ギア〉アウトドアで使える"ギア"感を高めた実用派【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】