FCAジャパンはこのほど、読売新聞社と国際協力機構(JICA)が行なう社会貢献活動「世界の野球グローブ支援プロジェクト」に賛同し、世界の子どもたちの未来と冒険を応援する活動をジープ・ブランドでサポートすることを発表。この活動の一環として、全国のジープ正規ディーラーでは、2019年7月1日から10月31日までの間、一般の方からの野球用具の寄贈を受け付ける。

野球用具を寄贈した方には特製ラバーブレスレットをプレゼント

 「世界の野球グローブ支援プロジェクト」は、用具がなくて野球ができない世界の子どもたちに、一般からの寄贈によって集められた野球用具と、野球指導のプログラムを提供する活動。この活動は、2016年度に読売新聞社と発展途上国支援を行なう政府機関である国際協力機構により始動し、寄贈していただいたグローブ、ボール、バット等は世界中で必要としている国々、ならびに国内の福祉団体に贈られる。



 “自由・冒険・本物”を追い求めるジープでは、限りない可能性を秘めた世界の子どもたちに、自らの夢を追い求め、冒険に挑んでもらいたいとの想いから、この活動に賛同。全国のジープ正規ディーラー79店舗にて、不要となったグローブなど野球用具の寄贈を受け付ける。なお、野球用具の収集期間は、2019年7月1日から10月31日まで。

 野球用具を提供してくれた方には、アンダーアーマーとジープのコラボレーションによる、世界の野球グローブ支援プロジェクトの特製ラバーブレスレットをプレゼント(先着順による数量限定)。対象となる野球用具は、野球用グローブ(左右)、ボール、バットで、硬式・軟式は問わないとのこと。なお、詳細は同活動のウェブサイトでご確認を。

世界の野球グローブ支援プロジェクト・ウェブサイト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ジープが「世界の野球グローブ支援プロジェクト」をサポート