パナソニックのリヤビューカメラがモデルチェンジ。HDR機能の新搭載によって画質を一段と向上させたほか、配線の改良によって取付け性も高められている。7月上旬より発売。



REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)



問い合わせ先:パナソニック

電話:0120-50-8729

■パナソニック公式サイト

パナソニック CY-RC100KD……オープン価格(実勢価格:1万4000円前後)

 パナソニックのカーナビ向けリヤビューカメラがモデルチェンジを行った。



 いちばんの特徴はHDR(ハイダイナミックレンジ)対応イメージセンサーを採用したこと。逆光や夜間などで明暗差を自動的に補正でき、白飛びや黒つぶれを抑制。また、画角は水平146°/垂直114°と広視野角で、従来モデルのCY-RC90KDに比べてより広い範囲を見渡せるようになった。



 このほか電源回路をカメラ本体に内蔵したり、中継コネクターの位置をカメラ本体近くに設けるなどの工夫で、取付け性が大幅に高められている。



 映像出力端子には一般的なRCA形状を採用し、同社のストラーダやゴリラ以外にも多くのAV一体型ナビやポータブル型ナビとの接続が可能だ。本体サイズは幅23×高さ23×奥行き23mmで、IP68準拠の優れた防塵・防水性を備えている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 視認性を大幅に高めた信頼性抜群のリヤビューカメラ パナソニック CY-RC100KD 【CAR MONO図鑑】