日本カー・オブ・ザ・イヤーには、「イノベーション部門」「エモーショナル部門」「スモールモビリティ部門」の3部門賞も設けられている。さて、今年の各賞はどのクルマが獲得したのだろう。

イノベーション部門賞:ホンダ・クラリティPHEV

 優れた技術を搭載したクルマに与えられるイノベーション部門賞は、ホンダ・クラリティPHEVが獲得した。ちなみに、昨年(2017-2018)のイノベーションは、トヨタ・プリウスPHVだったから、2年連続プラグインハイブリッド車が獲得したことになる。


今のホンダ車で最上のハンドリング! クラリティPHEVのシャシーをじっくり研究

エモーショナル部門賞:BMW X2

エモーショナル部門賞を獲得したBMW X2

 エモーショナル部門賞を獲得したのは、「UNFOLLOW」をキャッチフレーズにしたニューモデル、BMW X2だ昨年のエモーショナル部門賞はレクサスLCが獲得している。


駆け抜ける歓びに満ち溢れたBMW X2は買いの1台だ!


日本で扱いやすいのはどっち? アウディQ2とBMW X2 スタイリッシュな小型クロスオーバーSUV サイズ比較

スモールモビリティ部門賞:ダイハツ・ミラ トコット

スモールモビリティ部門賞はダイハツ・ミラ トコット

 優れたスモールモビリティに対して与えられるスモールモビリティ部門賞は、実質的には軽自動車オブ・ザ・イヤー。今年はダイハツ・ミラ トコットが獲得した。

 ちなみに昨年のスモールモビリティ部門賞は、ホンダN-BOX/N-BOXカスタムが獲得している。


広報写真は真実を伝えていることがわかった。ダイハツさん、疑って申し訳ない! ミラ トコットにオッサンが乗ってみた


さりげないブレーキのフィーリングに隠された秘密──ミラ トコットにオッサンが乗ってみた

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日本カー・オブ・ザ・イヤー 今年の部門賞はこの3台! ホンダ・クラリティPHEV/BMW X2/ダイハツ・ミラ トコット