Hondaの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、JNCAP※1の2018年度「予防安全性能アセスメント」において最高評価となる「予防安全性能評価 ASV+++」を獲得した。また、今年度から試験項目として追加された、夜間の歩行者に対する被害軽減ブレーキ試験では満点を獲得している。

 発売以来、顧客から好評を得ているN-VANは、Hondaの軽バンとして初めて、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備※2。Honda SENSINGの基本8機能※3に加え、後方誤発進抑制機能ならびにオートハイビームも搭載している。

N-VAN試験結果(試験車両は+STYLE FUN・Honda SENSING)

※1 国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)による自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称

※2「Honda SENSING」を装備しない仕様も用意(ターボ車を除く)。「誤発進抑制機能」「ACC」「LKAS<車線維持支援システム>」「後方誤発進抑制機能」は6MT車には装備されず。「オートハイビーム」はG・Honda SENSINGおよび L・Honda SENSINGには装備されず

※3 衝突軽減ブレーキ<CMBS>、誤発進抑制機能、ACC、LKAS、先行車発進お知らせ機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、標識認識機能

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「N-VAN」がJNCAP予防安全性能アセスメント最高評価を獲得