450ps、600Nmを叩き出す2.9ℓ TFSI V6バイターボエンジンに8速AT、フルタイム4WD「クワトロ」を組み合わせ、0-100km/h加速4.1秒をマークする運動性能と実用性をきわめて高いレベルで両立させた、A4ファミリーのトップスポーツバージョン、アウディRS4アバント。510ps、700Nmを発揮する4.0ℓ V8直噴ツインターボエンジンと9速ATを搭載し、FRながら0-100km/h加速4.0秒を叩き出す、Cクラスの頂点に位置する超高性能モデル、メルセデスAMG C63Sステーションワゴン。そのハイパワーワゴンをボディサイズ、荷室容量、最小回転半径など使い勝手で比較してみよう。

 Dセグメント以上のプレミアムモデルにおいて、ステーションワゴンに超高性能モデルを設定するブランドは決して多くはなく、ボディ剛性や空力などの面で有利なセダンやクーペに用意するのが一般的だ。しかしアウディはA4のトップモデルたるRS4をワゴンボディのアバントにのみ絞り、メルセデスはCクラスの頂点であるAMG C63Sをセダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレに幅広く展開している。



 果たしてそのサイズの違いは? 日本未導入のアウディRS4アバント、日本導入済みのメルセデスAMG C63 Sステーションワゴンとも、欧州仕様の数値で比べてみた。

アウディRS4アバント 全長×全幅×全高:4781×1866×1404mm ホイールベース:2826mm トレッド:フロント1580/リヤ1575mm

メルセデスAMG C63Sステーションワゴン 全長×全幅×全高:4772×1839×1441mm ホイールベース:2840mm トレッド:フロント1609/リヤ1546mm

 RS4、C63Sともベース車に対し全長と全幅は拡大し、全高は下げられている。なお、RS4は全長+56mm、全幅+24mm、全高-30mm。C63Sは全長+70mm、全幅+29mm、全高-16mmとなっているが、両車とも日本でも比較的扱いやすいサイズに留められていると言えよう。

アウディRS4アバント 最小回転半径:5.85m

メルセデスAMG C63Sステーションワゴン 最小回転半径:5.9m

メルセデスAMG C63Sステーションワゴン 最小回転半径:5.9m

 両車ともほぼ互角。タイヤサイズはRS4が265/35R19、C63Sがフロント245/35R19、リヤ265/35R19となっており、RS4は全幅もタイヤ幅も広く、C63 Sは全幅もタイヤ幅の相対的に狭いことがそのまま最小回転半径にも影響を及ぼしている。

アウディRS4アバント 荷室容量:505~1510ℓ 注:写真はA4アバント



メルセデスAMG C63 Sステーションワゴン 荷室容量:460~1480ℓ



 後席使用時、格納時ともRS4の方が若干広いものの、後席を倒した際に発生する荷室フロアの傾斜はRS4の方が大きく、実際の使い勝手はC63Sの方が良好だ。



 なお、アウディRS4アバントの価格は7万9800ユーロ(1ユーロ=130円換算で1037万4000円)、メルセデスAMG C63Sステーションワゴンの価格は7万9254ユーロ(同1030万3020円)。わずかにRS4の方が高価だが、C63Sの日本仕様の価格が1398万円ということを考えると、RS4が日本に導入されればその価格は1400万円を超える可能性が高い。

メルセデスAMG C63Sステーションワゴン

情報提供元:MotorFan
記事名:「 使い勝手が優れるのはどっち? アウディRS 4アバントとメルセデスAMG C63 Sステーションワゴン プレミアムブランドの小型超高性能ワゴン サイズ比較