アンヴェールされたマツダ3(Mazda3=アクセラ)は、いわゆるCセグメントというカテゴリーのクルマだ。言わずと知れた自動車マーケットのボリュームゾーンだ。ゆえに、どのメーカーも力の入ったモデルをこのセグメントに投入している。新型Mazda3登場を記念して、片っ端から比べてみよう。

 Mazda3と言われると、日本人なのでいまいちなんのことだかがわからない。「アクセラだよ」と言われてああなるほどと合点がいくものの、インターネットで検索するのが難儀になるだろうな……縦書き媒体では車名をどう表記するのかな……などと要らぬ心配を抱く始末。とにかく、新型Mazda3は以前にも増してカッコいい意匠をまとって登場した。カースタイリング編集長・松永が、ボディサイドにキャラクターラインの「入らない」そのスゴさをつづっているが、当方もティザー画像をみたときにずいぶんツルリとしたクルマになったなと感じた。想起したのは、ジャガーF-PACEのリヤクオータビューである。

 じゃあそのカッコ良くなったMazda3、先行するカッコいいライバルたちと比べるとどんな感じなのか。SKYACTIV-Xをはじめとするテクニカルな面がフィーチャーされることが多いが、これだけスタイリッシュになったのなら「カッコいいから」という理由で買う人も少なくないだろう。というわけで、片っ端から並べてみた。

Mazda3。全長4459mm、軸距2725mm。

メルセデス・ベンツAクラス。全長4436mm、軸距2729mm。

フォルクスワーゲン・ゴルフ。全長4265mm、軸距2635mm。

BMW・1シリーズ。全長4340mm、軸距2690mm。このクルマだけFR。

アウディA3スポーツバック。全長4325mm、軸距2635mm。

ルノー・メガーヌRS。全長4410mm、軸距2670mm。*左右反転画像

プジョー308。全長4275mm、軸距2620mm。

アルファロメオ・ジュリエッタ。全長4350mm、軸距2635mm。

ボルボV40。全長4370mm、軸距2645mm。

 輸入車ばかりじゃねーかというお声が聞こえてきそうだが、ひとまずMazda3の日本仕様が未導入ということでご容赦を。こうやって並べてみると、各車の特徴が現れておもしろい。



 というわけで合計9台を比較してみると、以下のような結果になる。



■ 最長全長:Mazda3/最短:ゴルフ

■ 最長軸距:Aクラス/最短:308

■ 軸距/全長比最大:1シリーズ(62%)/最小:V40(60.5%)



 さて、アナタはどのクルマがお好みですか。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 Mazda3と片っ端から比べてみる。マツダ3(アクセラ)/メルセデス・ベンツAクラス/VWゴルフ/BMW 1シリーズ/アウディA3/ボルボV40 etc.