いよいよ間近に迫ったF1日本GP。現在コンストラクターズポイントで4位につけているアストンマーティン ・レッドブル・レーシングのダニエル・リカルド選手が、決戦を前に青山に登場。集まったオーナー達に鈴鹿への意気込みを語った。

 F1日本グランプリを間近に控えた10月4日の夜、東京・青山のアストンマーティン ・ブランドセンターでF1グランプリ開催記念イベントが開催された。



 今年オープンしたばかりのブランドセンターには大勢のオーナーが、アストンマーティン・レッドブル・レーシングの必勝祈願のために集まったなんとドライバーのダニエル・リカルド選手も登場し、会場は一気にヒートアップ。日本グランプリへの意気込みを聞かれたリカルド選手は



「鈴鹿は大好きなコースです。非常に難しいレイアウトですが、難しいからこそ、攻めがいもありますよね。現在、メルセデスが強いのは確かですが、我々にも十分にチャンスがあると思っていますので、いい結果を出したいですね」とコメント。

その後はサイン入りのキャップをプレゼントしたり、記念撮影に応じたりと、気さくにファンサービス。参加者はF1ドライバーとの交流を大いに楽しんでいたようだ。



 2018年F1日本グランプリはいよいよ10月7日に決勝が行われる。ぜひアストンマーティン ・レッドブル・チームとダニエル・リカルド選手の活躍を期待しよう!

会場には日本初登場となるDB11 AMRも展示された。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アストンマーティン ・レッドブルのダニエル・リカルドが日本GPを前にファンと交流!