レクサスが発表したブランド初のヨット「LY650」。LYはラグジュアリー・ヨットの頭文字で650はヨットの全長(65フィート)からきている。このLY650が搭載するのがVOLVO PENTAエンジン。どんなエンジンだろうか?





LEXUS、ブランド初のヨット「LY650」で海を制す!?

 レクサス初のヨットLY650の主要スペックは次のように発表されている。



LY650の主要諸元

全長:19.96m

全幅:5.72m

最大人数:15人

エンジン:Volvo Penta IPS1350/1200

燃料タンク容量:3800ℓ

清水タンク容量:850ℓ

客室数:3部屋(ベッド6名対応)



 生産はアメリカのマーキー・ヨット社に委託し、2019年後半にアメリカで、20年春に日本で発売するという。価格は未発表だが、ヤマハの豪華ボート「EXULT(イグザルト)43」が全長43フィート(14.84m)で1億4700万円だから、これを上回るのは確実だろう。海と陸では話は違うが、ホンダジェットの国内価格が約5億8000万円。LY650の価格が2億5000万円〜3億円と言われても驚きはしない。



 ちなみに、ヤマハのイグザルトのエンジンはレクサスLY650と同じくVolvo PentaのIPS500の3基掛けだ。



 LY650のエンジンは直列6気筒ディーゼルターボ。燃料は軽油だ。燃料タンク容量が3800ℓということだから

軽油1ℓ=130円 130×3800ℓで494000円となる。

つまり満タンは49万4000円だ。

Volvo Penta IPS1350

 さて、エンジンの話である。

エンジンは2種類を設定する模様だ。

よりパワフルなのはVolvo Penta IPS1350だ。スウェーデンのボルボグループは、トラック、建機、船舶用エンジンなどを手掛ける多国籍企業。自動車のボルボカーズとは別の会社だ(もとは同じグループ。ボルボカーズは現在は中国の浙江吉利控股集団傘下)。



 Volvo Penta IPS1350は、排気量12.8ℓの直列6気筒OHC24バルブのディーゼルターボエンジンだ。IPSシリーズでもっともパワフルなエンジンである。シリンダーブロック&シリンダーヘッドは鋳鉄製。モノサーム・スチールピストン、ギヤ駆動の燃料ポンプ、クロスフローのインレットとエキゾーストダクトがつく。エンジンの乾燥重量は2485kgである。

 燃料噴射は高圧電子制御ユニットインジェクター。クランクシャフト出力は900hpだ。過給はデュアルステージターボ+ツインインタークーラー。ボルボによればライバルと比較して30%高効率なエンジンだという。



 このエンジンは、60〜120フィート用のエンジンだから、65フィートのLY650にとっては充分以上のスペックだ。VOLVOの資料によれば最高速度は25〜42ノットとなっている。1ノットは約1.852km/hだから約46km/h〜約78km/hということだ。

IPS1350

直列6気筒ディーゼルターボ

排気量:12.8ℓ

ボア×ストローク:131×158mm

クランクシャフト出力:1000hp(735kW)/2400rpm

プロペラ出力:942hp(693kW)/2400rpm

乾燥重量:2458kg

エミッション:IMO NOx,EU RCD Stage Ⅱ,US EPA Tier3

過給:デュアルステージターボ+ツインインタークーラー

燃料供給:高圧電子制御ユニットインジェクター

25~42ノット

Volvo Penta IPS1200

PS1200

直列6気筒ディーゼルターボ

排気量:12.8ℓ

ボア×ストローク:131×158mm

クランクシャフト出力:900hp(588kW)/2300rpm

プロペラ出力:848hp(624kW)/2300rpm

乾燥重量:2300kg

エミッション:EPA Tier3 UE RCD StageⅡ IMO NOx TierⅡ

過給:デュアルステージターボ+ツインインタークーラー

燃料供給:高圧電子制御ユニットインジェクター

26〜40ノット

情報提供元:MotorFan
記事名:「 レクサスLY650は1000ps。満タンにすると50万円!Volvo Pentaエンジンは12.8ℓ