トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社は、2019年モデルイヤーより下記モデルに新色が追加すると発表した。各色とも2018年5月以降、順次導入予定。

■モデル/2019 年モデル追加新色 /希望小売価格(税込)

・ストリートトリプル RS/クリスタルホワイト/ ¥1,437,000

・ボンネビル T120/①フュージョンホワイト②エージャンブルー/¥1,530,880

・スラクストン R /コンペティショングリーン /¥1,807,000

Street Triple RS

ストリートトリプル RS クリスタルホワイト


2019 年より Moto2Tへのエンジン供給のベースとなるトライアンフ 765cc トリプル エンジンは、StreetTriple 史上最強のエンジンとなる。最高出力は先代より 16%向上して 11,700 rpm で 123 PS、最大トルクは 13%向上し、10,800 rpm で 77 Nm を発生。

■ストリートトリプルRS(メーカー公式WEBサイト)

Bonneville T120

ボンネビル T120 フュージョンホワイト/エージャンブルー


 トライアンフが 1956 年にモーターサイクルの地上速度記録を打ち立てたユタ州の Salt Flats に由来する名称である “Bonneville” はブリティッシュ・スーパーバイクの元祖であり、真のモーターサイクルのシンボルとして世界中で認められた。1959 年式のオリジナルボンネビルがもつ時を超えた普遍的なスタイルと伝統的な個性に最新テクノロジーを搭載。

■ボンネビルT120(メーカー公式WEBサイト)

Thruxton R

スラクストンR  コンペティショングリーン


 究極のモダンクラシック・カフェレーサー。美しさを兼ね備えた印象的で正統的なスタイリングをもつと同時に、その伝説に恥じないパワー、パフォーマンス、ハンドリング、ブレーキングを最新技術で実現させた。

■スラクストン R(メーカー公式WEBサイト)

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トライアンフ、ロードスター、クラシックシリーズ3機種に新色導入