BAICグループ(北京汽車集団有限公司)とマグナは、中国市場向けのスマートな次世代電気自動車アーキテクチャを共同開発することを発表した。

2017年度に電気自動車の売上が70万台あった中国市場は、現在電動モビリティーにおいて世界をリードする市場。中国政府の助成金とその規制による販売割当の助けもあり、2020年までに、中国国内で走る電気自動車の台数は、500万台に上ると予測されている。その完成車生産やエンジニアリングサービス、また電子・電装アーキテクチャ、軽量化の領域に渡る革新的でコスト効率の良いソリューションにより、マグナシュタイヤーは、BAICグループのパートナーとして選定された。



マグナヨーロッパ/マグナシュタイヤーのプレジデントである
Günther Apfalter氏は「私たちは、BAICグループと共に次世代のスマートな先進電気自動車アーキテクチャを開発できることを誇りに思います。」とし、「これはマグナにとって、中国市場向けの自動車の電動化における大きな第一歩となることでしょう」とコメントしている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 マグナ:北京汽車集団有限公司向けに電気自動車アーキテクチャを開発