株式会社デイトナは「第45回東京モーターサイクルショー」に出展すると発表。ブースでは、初公開のインカム「DT-01」をはじめ、バイクライフをより安全に楽しくするツールやギアを展示する。

ブーステーマは、“もっと楽しく。もっと充実!”

第45回東京モーターサイクルショーのデイトナブースの主な展示内容は次の通り。

今回展示予定のインカム「DT-01」は、グループ通話設定が簡単、直感的に操作しやすいボタンの配置、といった特徴をもち、今回が初公開となる注目製品である。







■DT-01(ディーティーオーワン):誰もが思い描く理想のインカムがあるとしたら、それはどんなものだろう?付けているだけでワクワクするような美しいデザイン。最初から思いのままに操れる直感的な操作性。デザインと機能が高いレベルで融合したプロダクツ。デイトナの考える理想のインカムがここにある。



■旅ドラレコ DDR-S100:これからのツーリングライダー必須アイテム。もしものトラブルの備えとなるだけでなく、ツーリングの思い出を綺麗に残し、夜間や雨天を問わず、ライダーを見守ることができる。



■NOLAN:新作のX803ウルトラカーボンは、NOLANのフラッグシップモデル。高速走行時の安定性向上やエアインテークの大型化、3Dメッシュ採用などヘルメット内部の快適性が大幅に進化。また、超高強度軽量素材LEXAN(TM)ポリカーボネートを使用した、ヨーロッパ一番人気のサンバイザー付きフルフェイスN87も、日本初登場。



■ヨツバモトMeow(ミャウ):3歳からのモーターサイクル。ヨツバモトMeow(ミャウ)はキックバイクと本格バイクの間をつなぐ新しい電動バイク。



他にも、GIVIハードケース、ヘンリービギンズのライディングバッグとレザーウェア、LEDヘッドライトバルブなど新商品のほか、MAXXSタイヤ、MOTOREXオイル、デイトナケミカルシリーズ、デイトナモーターサイクルガレージなど、多数新商品をご紹介する。また、3月から運用を開始するデイトナスマートフォンアプリの紹介と、フリーマーケットアプリ「ブンブン!マーケット」も合わせて行う。

初公開のインカム「DT-01」
デザイン、機能性・操作性も理想的


フェンダーレスEDGE


旅ドラレコ DDR-S100
ヘルメット装着用と、バイクのミラーに固定する用のアタッチメントが付属する。


2018東京モーターサイクルショー デイトナブース展示車両

・ホンダ レブル250(グラブバーキャリア、エンジンガード、キャンプシートバッグ装着)

・ヤマハ XSR900(カフェスタイル)

・スズキ Vストローム250(グラブバーキャリア、GIVIハードケース装着)

・カワサキ Z900RS(カフェスタイル)

・カワサキ Z125(フェンダーレスEDGE、MAXXIS MA-F1装着)

・ヨツバモトMeow(ミャウ:電動キッズバイク)

GIVIハードケース装着のスズキV-ストローム250

ヨツバモトMeow(ミャウ) 12インチと16インチがある。
キッズバイク入門用に最適。


情報提供元:MotorFan
記事名:「 デイトナが2018モーターサイクルショー出展概要を発表! 新型インカムを初披露!