2018年のジュネーブ・モーターショーには、ルノー日産アライアンスとダイムラーとのパートナーシップのもとに開発された新しい1.3ℓ直4直噴ターボが出展された。これは、デビューしたばかりの新型メルセデス・ベンツAクラスが搭載する1.3ℓM282型エンジンのルノー版である。

ルノーの新エンジン1.3TCeは、ルノーにとって新世代ガソリン・エンジンである。ルノー日産とダイムラーの共同開発による新しい1.3ℓ直4直噴ターボエンジンは、ルノーでは1.3TCe、ダイムラーではM282型と呼ばれることになる。







この新しいルノー1.3TCeエンジンはその名の通り、排気量1.3ℓの直列4気筒DOHC直噴ターボである。ルノーでは出力違いで、Energy TCe115(115ps)、Energy TCe130(130ps)、Energy TCe140(140ps)、Energy TCe160の3仕様があり、TCe140とTCe160には、7速DCTであるEDC仕様も設定される。



このエンジンを最初に積むのは、ルノー・キャプチャーとルノー・セニックである。



ルノー日産のアライアンスが関係しているだけあって、新1.3TCeは、日産GT-Rのミラーボア・コーティングが採用されている。直噴インジェクターの噴射圧は250bar、吸排気に可変バルブタイミング機構が付く。



昨年12月の発表では、TCe160エンジンをルノーセニックとグランセニックが搭載し、そのエンジンはスペインのバリャドリッド工場で生産される、としていた。



発表されているエンジンスペックは



Energy TCe 160 EDC

排気量:1330cc

最高出力:120kW(160ps)/5500rpm

最大トルク:270Nm/1800rpm



である。



同じ共同開発で生まれたダイムラー版M282型エンジンのスペックは次の通りだ。



1.3ℓ直列4気筒DOHCターボ

エンジン型式:M282型

排気量:1332cc

ボア×ストローク:72.2×81.4mm

ボア/ストローク比:1.3

ボアピッチ:85.0mm

圧縮比:10.6

バルブ数:4/シリンダー

最高出力:120kW(163ps)/5500rpm

最大トルク:250Nm/1620-4000rpm

リッター当たり出力:90kW/ℓ

ターボ:シングルスクロールターボ



排気量がルノー版の1330ccと2cc違うが、これが意味するところはいまのところ不明だ。

M282型は、ダイムラーが特許を持つ「デルタ・シリンダーヘッド」と呼ぶ、新しいシリンダーヘッドを使うというから、このあたりで1.3TCeとM282で違いがあるのかもしれない。

燃料噴射圧は、どちらも250barと発表されている。

こちらがダイムラー版M282型1.3ℓ直4ガソリン直噴ターボ。トランミッションは、ゲトラグ製DCTだからルノーのEDCと同じものと考えてよさそうだ。

こちらがruno-bann1.3TCe。トランミッションはEDC(ゲトラグ製DCT)だ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ルノーの新型1.3TCeエンジンは、新型メルセデス・ベンツAクラス搭載の同型エンジン