ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン(代表: ブラッドリー・ヘイギ)が、EICMA2017(ミラノショー)で発表した最新モデルVITPILEN701(ヴィットピレン)と、その400ccモデルのVITPILENおよびSVARTPILEN401(スヴァルトピレン)を、日本市場に導入することを発表した。

ヴィットピレン/スヴァルトピレンは、それぞれ白い矢/黒い矢を意味し、ハスクバーナのリアル・ストリート・モーターサイクルに新しく加わり、今までにない領域へ一歩踏み込んだモデル。



これらのモデルは純粋なライディング体験を提供すると同時に、サーキット走行する往年の名車をインスパイアしたシンプルさを保ちつつ、なおかつ斬新でユニークなデザインをまとい、初心者から上級者まで幅広い層のライダーに対応。

街中でのライディングにもうってつけなモーターサイクルとなっている。

発売時期:

ヴィットピレン701: 2018年7月予定

ヴィットピレン/スヴァルトピレン401:2018年4月予定



メーカー希望小売価格:(車両本体価格・税込)

ヴィットピレン701:1,355,000円

ヴィットピレン/スヴァルトピレン401:777,000円



※上記の車両本体価格は、税金(消費税を除く)、保険料登録諸費用を含みません。

※主要諸元の値は EU 仕様のものとなります。日本仕様では値が異なる場合があります。



ヴィットピレン701

【ヴィットピレン701主要諸元】

■エンジン

エンジン形式:水冷4ストロークOHC4バルブ 単気筒

総排気量:693cc

ボア×ストローク:105×80mm

最高出力:55kW/8,500rpm

最大トルク:72Nm/6,750rpm

始動方式:セル式

潤滑方式:オイル圧送式(2ポンプ)

変速機:6速

一次減速比/二次減速比:36:79/16:40

クラッチ:APTCスリッパークラッチ

マネージメント/イグニッション:

KEIHIN製EMS

ダブルイグニッション



■シャシー

フレーム:クロームモリブデン鋼

トレリスフレーム(パウダーコート)

サスペンション(F):WP製倒立フォークφ43mm

サスペンション(R):WP製リンク式モノショック

サスペンションストローク(F/R):

135mm/135mm



ブレーキ(F/R):Brembo製ディスクφ320mm/

Brembo製ディスクφ240mm

(BOSCH9M+2チャンネル)

※ABSは解除可能



キャスター角:65°

ホイールベース:1434±15mm

最低地上高(無負荷):140mm

シート高:830mm

燃料タンク容量:約12L

乾燥重量:約157kg



ヴィットピレン401

【ヴィットピレン/スヴァルトピレン401主要諸元】

■エンジン

エンジン形式:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

総排気量:375cc

ボア×ストローク:89×60mm

最高出力:32kW/9,000rpm

最大トルク:37Nm/7,000rpm

始動方式:セル式

変速機:6速

一次減速比/二次減速比:30:80/15:45

クラッチ:スリッパークラッチ

マネージメント/イグニッション:

BOSCH製EMS



■シャシー

フレーム:クロームモリブデン鋼

トレリスフレーム(パウダーコート)

サスペンション(F):WP製倒立フォークφ43mm

サスペンション(R):WP製モノショック

サスペンションストローク(F/R):

142mm/150mm

ブレーキ(F/R):ディスクφ320mm/

ディスクφ230mm

(BOSCH9.1MB2チャンネル)

※ABSは解除可能



キャスター角:65°

ホイールベース:1357±15.5mm

最低地上高(無負荷):170mm

シート高:835mm

燃料タンク容量:約9.5L

乾燥重量:

VITPILEN401:約148kg

SVARTPILEN401:約150kg

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボディデザインが過激に主張!ハスクバーナの新型3車種「ヴィットピレン/スヴァルトピレン」が日本で発売