マクラーレンは、新型アルティメットシリーズの、コードネーム「BP23」を12月10日に発表する予定だ。その予告とともに、今回そのディティールの一部が紹介された。

マクラーレンは、次期最高峰モデルのアルティメットシリーズを、2017年12月10日に発表することを明らかにした。



このアルティメットシリーズというのは、過去のP1に続く、いわゆる“究極モデル”。コードネーム「BP23」と呼ばれるハイパーGTで、現在ラインアップするスーパーシリーズの720Sや、スポーツシリーズの570及び540とは別格となる限定生産車だ。



アルティメットシリーズの特徴は、基本的にサーキットドライブにも対応しながら、一般道でも走行可能とする点で、そのパフォーマンスは未公表ながらも、相当なレベルになることは間違いない。



参考までに過去に販売されたアルティメットシリーズの初作「P1」は、916psのパワーと900Nmという最大トルクをもつ3.8ℓ V型8気筒ツインターボを基本にしたハイブリッドモデルだった(さらに、その後に用意されたサーキット専用車のP1GTRは、1000psを誇る)。



12月10日にデビューする「BP23」は、当然、これをはるかに上回るパフォーマンスで話題となるだろう。一般的に初披露となる場は、2018年3月のジュネーブ・ショー。もちろん、この時までにはすべてが明らかになるはずだ。

前回、公開されたBP23のディテール写真。斬新なデザインのエキゾーストエンドだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【予告】新たなる”究極のマクラーレン”は、12月10日にデビュー!