レカロシート初採用!

6年目の年改でなにが変わったのか?

スバル・レヴォーグの年次改良(年改)が5月7日に発表されました。
発売は6月27日からです。

2014年4月15日発表、6月20日発売となったA型から数えて6年目に突入。毎年改良が行われており、今回はアプライドモデルF型、5回目の年改となります。

今回の年改のトピックスは4点

大きな追加・変更ポイント

アナウンスされている変更ポイントは、ざっくり4ジャンルとなります。

・2種の特別仕様車の設定
・レカロシートが初めてメーカーオプションに
・ボディカラーラインアップの変更(2色追加・1色廃止)
・アイサイトセイフティプラスにおける安全性能向上

特別仕様車

1.6/2.0 STI Sport Black Selection

1.6GT-S EyeSight Advantage Line

STI Sport Black Selection

1.6/2.0 STI Sport Black Selectionは、1.6/2.0 STI Sportがベース。

外装では18インチブラック塗装&切削光輝ホイールや、ブラック塗装のドアミラーカバーを採用。

内装はブラックトリムとレッドステッチでコーディネイト。


また、メーカーオプションながら、フロントシートにレカロシートが初採用となりました。

Advantage Line

1.6GT-S EyeSightをベースにした、特別仕様車1.6GT-S EyeSight Advantage Line。

外装は18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー・ドアハンドルを装備。LEVORGやシンメトリカルAWDのオーナメントもブラックとなっています。





内装では、落ち着いた色合いのブルーをアクセントとし、ウルトラスエード/本革のコンビシートを採用するほか、加飾パネルもブルードレープ調を採用しています。


ボディカラー

濃いめのグレーが入れ替わり

アドバンテージラインに限定色

標準ラインアップでは、マグネタイトグレー・メタリックが追加となり、ダークグレーメタリックが廃止となりました。

新採用のマグネタイトグレー・メタリック


廃止されたダークグレーメタリック

また、1.6GT-S EyeSight Advantage Lineのみ、クールグレーカーキが選択できます。

クールグレーカーキはWRX STIの、S208 NBR Challenge Packageや、BRZのCool gray khaki Edition、XVなどで採用されているボディカラーです。

なお、1.6GT-S EyeSight Advantage Lineで選択できるのは、クールグレーカーキのほか、クリスタルホワイト・パール(オプション)、クリスタルブラック・シリカで、全3色となっています。

標準ラインアップの場合
標準のグレードラインアップで選択できるのは、クリスタルホワイト・パール(オプション)、アイスシルバー・メタリック、マグネタイトグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ピュアレッド、ラピスブルー・パールの6色。






※アイスシルバー・メタリックはE型

STI Sport系の場合
今回の特別仕様車Black Selectionも含め、STI Sportで選べるボディカラーも6色。
ただし、同じカラーラインアップではなく、アイスシルバー・メタリックが選べない代わりに、WRブルー・パールが選択できるようになっています。

V-SPORTの場合
また、2018年11月27日発表、2019年1月15日に発売となっている1.6GT EyeSight V-SPORTは継続して販売されており、選択できるボディカラーはクリスタルホワイト・パール、マグネタイトグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、WRブルー・パールの4色となります。

ハイビームアシストが街中の路地でも有効に

アイサイトセイフティプラスにおける安全性能向上


ハイビームアシスト(1.6GT EyeSight、1.6/2.0GT-S EyeSightはオプション。そのほかは標準装備)の作動する車速が、従来の40Km/hから30km/hに変更されました。より低速から作動開始し作動領域を拡大、夜間走行時の安全性をさらに向上させています。

SUBARUお客様センター「SUBARUコール」
電話: 0120-052215
URL: https://www.subaru.jp/

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「レカロシート初採用 メーカーOP 19万4400円! 6年目の年改4つのポイント|レヴォーグF型発表