2019年10月5日、早朝。清々しい空気に満ちた岡山縣護国神社。

神社の駐車場にはさまざまなクラシックカーが集合し、オーナーのみなさんが出走準備を進めています。ここからまもなく、クラシックカーラリー「ベッキオ・バンビーノ」がスタートします。このラリーは2日間をかけ、岡山県内を巡るイベントです。

アルファ ロメオ ジュリアスプリントGTオーナー・太田哲二さん

▲ゼッケンステッカーを車体に貼り付け、走行準備を行う太田さん

筆者は、一人の男性オーナーに声をかけました。太田哲二さん・59歳。今回の主人公です。愛車は1967年式のアルファ ロメオ ジュリア スプリントGT(以下、ジュリア)。

太田さんは奥様、息子さんとともに出走されていました。このベッキオ・バンビーノには2014年4月から参加されているそうです。息子さんは毎年このラリーを楽しみにしていて、参加するために勤務先の東京から帰省してくるそうです。

アルファ ロメオ ジュリアスプリントGTオーナー・太田哲二さん

▲太田さん(写真左)は奥様、息子さんとともに出走!

アルファ ロメオ ジュリアスプリントGTオーナー・太田哲二さん

▲大勢のギャラリーに見送られてスタート。2日間、トラブルもなく完走

「旅好き」で「人好き」なオーナー・太田哲二さん

アルファ ロメオ ジュリアスプリントGTオーナー・太田哲二さん

▲ジュリアは所有7年目で、手に入れてから約5万キロを走行(オドメーターの距離は不明)

後日、あらためてお話を伺うことに。まずはオーナー像にスポットを当てます。太田さんは岡山県在住。電子関係の企業に技術営業として勤務しています。海外出張が多くアメリカやチェコ共和国、アジア各国へ毎回単独で出向いているそうです。

アルファ ロメオ ジュリアスプリントGTオーナー・太田哲二さん

▲「人見知りはしない性格ですね」と太田さん

「初めての国に一人で行っても、これまで何とかなってきたので、ある程度のことは“何とかなる”と気楽に考えています(笑)。現地で言葉は通じなくても、ジェスチャーやスマホの画面でコミュニケーションして、いつも楽しい思い出を作って帰国しています。クルマのイベントも、似た感覚で楽しんでいるような気がしますね。人と話すのが好きなんです」

アルファ ロメオ ジュリアスプリントGTオーナー・太田哲二さん

▲クルマのイベントでも走りを楽しみ、旅先での交流も満喫[画像提供:太田哲二さん]

ベッキオ・バンビーノをはじめとしたラリーイベントやイタリア車ミーティングなどに参加するため、ジュリアに乗って県外へも出かけていく太田さん。「旅好き」で「人好き」なオーナー、太田さんのカーライフに注目していきます。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事