• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • じゃらん
  • 楽天トラベル
  • Booking.com

外車王SOKENの記事一覧

ドイツ連邦政府、水素戦略の発表を延期

2020.01.21 00:22

ドイツ連邦政府は2019年末までに予定していた水素戦略の発表を2020年初めに延期した。当該戦略は、連邦経済省、連邦環境省、連邦交通省、連邦研究省が共同で策定しているが、年内に合意できなかったもよう。 ※画像はイメージです ドイ...続きを読む

白熱したお姉サ…東京オートサロン2020!豪華絢爛なスーパーカーや落札額1億6千万円超のポルシェなど!

2020.01.19 00:00

今月も半ばを過ぎたところではありますが…みなさま、新年あけましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 1月と言えば、幕張メッセを揺るがす一大イベント、東京オートサロンの時期ですね! 2020年は1月10...続きを読む

旧車のレストアについて考える[part3:ブレーキ編]

2020.01.11 00:00

これまで、旧車のレストアについて記してきたが、今回からは少し内容を突き進めていこうと思う。 旧車のレストアについて考える[part1:どこからがレストアにあたるのか?] 旧車のレストアについて考える[part2:オーナー自ら作業...続きを読む

ドイツのガソリンスタンド活用術!ガソリンの入れ方や、タイヤの空気圧の調整ってどうやるの?

2020.01.09 05:55

突然ですが、「ドイツのお正月休みはとても短い」ということをみなさんはご存知でしょうか?ドイツの有給休暇の平均支給日数はおよそ1ヶ月、しかも「その年のうちにすべて消化する」のが一般的。会社勤めのサラリーマンが、毎年1ヶ月間の有給休暇...続きを読む

クラシックカーを期間限定で乗る場合、自動車税がさらに割引に!2017年から始まった新制度「H-シーズンナンバー」についてご紹介

2020.01.05 05:55

冬の寒さが厳しいドイツ。特に筆者の住むベルリンは、札幌よりも高緯度に位置するため、冬季の夜の時間は非常に長いです。夏の間、あんなに走っていたオープンカーも、この時期の公道ではほとんど見かけず、幌を閉めきって走っているのを時々見かけ...続きを読む

初開催は1981年!大人の夢の詰まった玉手箱「第105回ワンダーランド・マーケット」

2020.01.04 05:55

今回で105回目をむかえたワンダーランド・マーケット。馴染みのない方も多いかと思うが「日本最大のアンティーク・トーイショー」とでも言うべきか。毎回その会場は熱気に包まれ、海外からの来場客も多数見られるほどの大盛況ぶりだ。今回は、そ...続きを読む

1度手放した愛車は、ほとんどの場合、手元に戻ってこないという事実

2019.12.30 02:05

「エアポケット」。またの名を「晴天乱気流」。飛行機が急激に下降する空域のことを指すそうです。 そして、地上で暮らしながらもエアポケットに相当するものが存在します。 そのひとつが、ある日突然訪れる「そろそろクルマを手放そうかな…」と...続きを読む

歴代ポルシェ911をサーキットで乗り比べる至高のひととき『CLASSIC PORSCHE PREMIUM DRIVING』

2019.12.29 00:00

ポルシェ911と聞いて、あなたが想像するのはどのモデルでしょう? 「最新のポルシェは最良のポルシェ」というフレーズだけならばカーライフのなかでもたびたび耳にすることがありますが、歴代全モデルを乗り比べたことがある人は、自動車評論家...続きを読む

令和元年の年末に、改めてドラレコの必要性を考えてみた

2019.12.28 01:25

2019年の年の瀬が迫って来たこの時期、今年のクルマネタを振り返ってみると、やはり「煽り運転」に関するニュースが目立った印象が強い。ただ、個人的に思うのは、今年に入って急に煽り運転が増えたというわけではなく、ドライブレコーダーの普...続きを読む

ドイツに行って「なぜこの国ではクルマがこれだけ大切にされるのか?」を全身で感じてきた

2019.12.26 00:00

前回の記事では、日本とドイツのクルマ文化の違いと、その根底にある日本人とドイツ人の価値観の違いについて触れ、考察を述べた。 *前回の記事はこちら 初めてドイツを訪れて感じた、クルマ文化と根底にある「2つの価値観の違い」とは? 1...続きを読む

1 / 212
ページトップ