新車の場合はメディア向けに「広報車」という便利なものが用意されているが、中古車にそれはない。中古車というのは基本的にいつだって商品車つまり売り物であるため、「貸してください」と言って簡単に貸してくれるものでもないのだ。

「ヨイショ」なしの中古車試乗レポート

だが今回、カレントライフ編集部ならびにガレージカレントのご厚意により、月に2回ほど「中古車の試乗レポート」というまあまあ稀有なものを書かせていただく機会を得た。

で、「……書くにあたってはガレージカレントをヨイショしたほうがいいんですかね?」といちおう尋ねたところ、「ヨイショは必要ない。感じたままを書いてくれればそれでOKだ」との返答。

ならば、ということで流行りの(?)忖度はいっさい抜きでレポートしたいと思う。

だが、この05年式ポルシェ911カレラSカブリオレ(697万円/走行6.6万km)のプチ試乗を終えて思ったのは正直なところ、こうだ。

「ヨイショうんぬんはそもそも関係なかったな。コレ、すっごくいいじゃないか!」

希少な「6MTの」タイプ997カレラSカブリオレ

試乗の前に、まずは個体に関する説明を少々。

車両は先ほど申し上げたとおり2005年式のポルシェ911カレラSカブリオで、世代的にはいわゆる「997」だ。そして997のなかでも前期型にあたる。

車両価格697万円というのは、走行6.6万kmの997としてはほんの少しだけお高いような気もする。だがよく見ればこの個体、997のカブリオレとしては超絶希少な6MTであり、なおかつ3.8LのカレラSでもある。

であるならば、「希少価値」という意味でこのプライスが付くのも十分納得できるというか、むしろ安いといえるのかもしれない。

外装に目立った傷やくすみのようなものは皆無で……というかかなりいい感じのコンディションで、大いに好感が持てる。だが内装は、樹脂パーツ部分に細かなスリ傷がそこそこ入っているのが残念なところだ。

だがまあ6.6万kmを普通に使っていれば「こんなもん」だとも言える。

こういうちょっとしたヤレすらも許せないなら、697万円ではなく1000万円ほどを出して超絶バリ物の中古車を買うか、もしくは新車を買えば良いだけの話。言ってはなんだが世の中はカネ次第である。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事