14日午後の東京市場でドル・円は111円80銭台と、本日安値圏で推移。安倍首相の発言による日銀の緩和縮小への思惑から、ドルは値を下げる展開となっている。日経平均株価は堅調地合いが続くものの、上海総合指数はマイナス圏で推移しており、リスク選好的な円売りは弱まっている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円81銭から112円08銭、ユーロ・円は130円75銭から131円04銭、ユーロ・ドルは1.1687ドルから1.1697ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は安値圏、利益確定売りか