9日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円56銭まで下落後、110円17銭まで反発し、110円04銭で引けた。米国と北朝鮮の関係緊迫化でリスク回避のドル売り・円買いが優勢となったが、予想を上回った米4-6月期非農業部門労働生産性速報値と6月卸売在庫改定値/売上高を受け、ドル買いが再燃。ただ、地政学的リスクへの懸念が根強く、ドル上昇は限定的となった。
ユーロ・ドルは、1.1689ドルまで下落後、1.1762ドルまで反発し、1.1760ドルで引けた。ユーロクロス絡みの売りが優勢となった。ユーロ・円は、128円44銭へ下落後、129円46銭へ反発。ポンド・ドルは、1.2971ドルへ下落後、1.3011ドルまで反発した。ドル・スイスは、0.9613フランから0.9672フランへ上昇した。地政学的リスクの上昇で安全通貨としてのフラン買いが加速した。


<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY為替:ドル上げ渋り、北朝鮮情勢の緊迫化を警戒