大腰筋は脊柱から股関節の内側を通って大腿骨につながっているインナーマッスル。なんらかの原因によって大腰筋にコリが発生すると、脊柱が引っ張られて反り腰になってしまいます。これが腰痛の原因となるのです。大腰筋ストレッチで腰痛の原因となるコリをほぐしましょう。

大腰筋ストレッチで腰痛の原因となるコリほぐし

大腰筋ストレッチで腰痛を解消

体に急激な負荷がかかったとき、筋肉は損傷しないようにロックがかかります。これが大腰筋でおきると、それが反り腰を招き、ひいては腰痛の原因となっている場合があるのです。

そんなときは大腰筋ストレッチで、ロックした筋肉をほぐせば腰痛の原因が解消します。大腰筋をほぐすには、まず大腰筋を押しながら硬くなった部分を探すことからスタートです。

大腰筋の硬いターゲットを見つけたら、体を前傾させて筋肉の違和感が消える姿勢を探します。そして、そのまま90秒ほどキープ。そして、10秒かけてゆっくりと元の姿勢に戻るのです。

大腰筋ストレッチおすすめ時間帯

大腰筋はおへそと骨盤の突起である上前腸骨棘の、ちょうど中間地点の深層にあります。そこで、あぐらをかいて軽く前傾して、両手の中指か人差し指の腹で大腰筋付近を押すのです。

ここで大腰筋の違和感をある部分を探します。左右に小刻みにゆすると見つけやすいでしょう。大腰筋の違和感ポイントを見つけたら、さらに前傾して90秒キープするのです。

あとは10秒かけて元の姿勢に戻れば大腰筋ストレッチは終了。体がリラックスしている入浴後が、大腰筋ストレッチにおすすめの時間帯になります。

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「大腰筋ストレッチで腰痛の原因となるコリほぐし