内臓脂肪を減らすために朝食は抜くことができても、晩酌をなかなかやめられないという人も多いでしょう。じつは、アルコールのカロリーは1gあたり7kcalですが、炭水化物とタンパク質は1gあたり4kcal。このため、内臓脂肪を減らすならビールよりワインを選んで、少しでもカロリーを少なくしましょう。

内臓脂肪を減らすならビールよりもワインを選ぶ

内臓脂肪を減らすにはお酒に注意

ちなみに、脂肪のカロリーは1gあたり9kcal。アルコールは炭水化物やタンパク質と、脂肪の中間くらいにあたります。意外にも、同じ重さならお酒はご飯よりもカロリーが高いのです。

このため、内臓脂肪を減らすには、よく飲まれるお酒のカロリーを確認しておくことが大切です。まず大好きなビールは350ml1缶で140kcal、日本酒は1合で180kcalになります。

カロリーの目安でわかりやすいのがご飯のカロリー。お茶碗1杯で250kcalです。ということは、ビールの350ml缶を2缶飲んだら軽くオーバー。内臓脂肪を減らすには、お酒の種類にも注意する必要があるのです。

内臓脂肪を減らすならワインを選ぶ

内臓脂肪を減らすためには、カロリーの低いお酒を選びます。焼酎はお湯割り1杯が126kcal、ワインはグラス1杯が73kcal。このため、内臓脂肪を減らすならビールよりワインを選んだほうがよいわけです。

もし焼酎を飲むなら、水やお湯で割るのが鉄則。ジュースで割るとそのぶんカロリーがプラスされます。一方で、ビールや日本酒は糖質が多く含まれるのでカロリー高めなので、さらに注意が必要です。

とくにお酒は食事と違って噛まずに飲むため、思っている以上にカロリーを摂取。とくにビールは飲みやすいため、内臓脂肪の原因となるのです。内臓脂肪を減らすならビールよりワインを選びましょう。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「内臓脂肪を減らすならビールよりもワインを選ぶ