ベトベトした汗や臭い汗は「悪い汗」。「いい汗」をかけば汗はサラサラになり、代謝を上げることもできます。しかも汗腺を目覚めさせて、運動をしなくても簡単に「いい汗」をかいて代謝がアップする方法があるのです。体脂肪を減らすためにの汗腺トレーニングのやり方を紹介しましょう。

体脂肪を減らすためには汗腺トレーニングも重要

体脂肪を減らす汗腺トレーニング

体脂肪を減らすための汗腺トレーニングのやり方は簡単です。お風呂の入り方を工夫するだけで汗腺が目覚めて、いい汗がかけるようになります。体脂肪を減らすための汗腺トレーニングには3つのステップあります。

体脂肪を減らすための1つめのステップは「手足高温浴」。42~43度の少し熱めのお湯をお風呂の3分の1ほど溜めて、バスチェアを湯船に置いたら準備完了です。前かがみになって10分間、手と足だけをお湯に浸けて温めるのです。

悪い汗の原因は汗腺の休眠にあります。そして、脳から離れた場所にある汗腺は休眠しやすいのです。つまり、手と足は汗腺が休眠しやすい場所。汗腺トレーニングで、手足を集中的に刺激します。

代謝をアップして体脂肪を減らす

体脂肪を減らすための2つめのステップは「半身微温浴」です。1つめのステップに続いて、38~39度のぬるめのお湯を湯船の半分まで溜めます。待っているあいだに、髪の毛や体を洗っておくとよいでしょう。

そして、みぞおちあたりまでの半身浴。そのまま15~20分ほど入浴してサラサラの汗が出てきたら、いい汗のサインです。汗をたくさんかくため、汗腺トレーニングにはこまめな水分補給も忘れてはいけません。

体脂肪を減らすための3つめのステップは「風呂上りの乾燥」です。汗は蒸発することで初めて体温を調節する役割を果たすもの。お風呂から上がったら、タオルで肌を軽く押さえて水気をとって、ウチワや扇風機で自然に乾燥させるのです。

この汗腺トレーニングを3週間くらい続ければ、休眠していた汗腺が目覚めていい汗をかけるようになるはず。いい汗をかけば自然に代謝もアップ。体脂肪を減らすことができのです。

■「体脂肪を減らす」おすすめ記事
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった
体脂肪を減らすには5分の早歩きで十分だった
体脂肪を減らす「筋トレあとの有酸素運動」

■「体脂肪」おすすめ記事
体脂肪計で全身の体脂肪率がわかる裏ワザとは
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
女性の体脂肪率「20%以下」が理想だった

■「脂肪」おすすめ記事
お腹の脂肪を減らすなら有酸素運動が効果的
内臓脂肪を減らす「スタンドアップパドルボード」
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「体脂肪を減らすためには汗腺トレーニングも重要