はじめに

今のトレンドは、オシャレなだけでなく地球環境に配慮したサステナビリティがあることです。
環境にやさしいシューズを履いて、車でなく徒歩でお散歩するような、足元からエコな生活を送りませんか? リサイクルペットボトル50%使用。ティンバーランドの全く新しいエコ スニーカー「マドバリー」

リサイクルペットボトル50%使用。ティンバーランドの全く新しいエコ スニーカー「マドバリー」

アメリカ東海岸発、日本でもお馴染みのアウトドアライフスタイルブランド「ティンバーランド」から、ファッション性がありつつサステナブルな新しいエコスニーカー「マドバリー(Madbury)」が登場しました(画像はメンズ。レディース展開もあり)。
「マドバリー」は独自のサステナブル素材を使っており、環境負荷を軽減しつつも、シューズの透湿性と吸湿発散性を高めた機能性にも優れているのでタウンユースにもトレイルユースにもできるのがポイントです。

アッパーとライニングにはティンバーランドが独自開発したリサイクルペットボトルを50%以上使用しているリサイクル素材「ReBOTL™」 を使用。アッパーのレザーは監査機関による廃棄物産出、水処理などの評価がシルバーランクの皮革工場から調達した環境配慮型レザー「ベター レザー」となっています。

「イエローブーツ」と呼ばれ世界中で愛されているティンバーランドの象徴的なデザインを受け継ぎつつも、モダンで鮮やかな印象のスニーカーに仕上がっています。 ニューバランスのサステイナブルコレクションから未着色の素材を使用した「327」と「PRO COURT CUP」発売

ニューバランスのサステイナブルコレクションから未着色の素材を使用した「327」と「PRO COURT CUP」発売

スニーカーブランドの「ニューバランス」からは、環境に配慮したサステナブルなコレクション「UN-DYED PACK」がウィメンズ限定で発売されます。
「UN-DYED PACK」はその名の通りUN-DYED、つまり染めていないスニーカーコレクションです。
全てのパーツを染めないで用いることで、染料を使用せず化学物質の使用を減らしています。また、着色工程をなくすことで水や着色工程で発生する無駄を防ぎ地球環境へ配慮しています。

採用モデルはニューバランスのランニングシューズの基本であるレトロ・ランニングシューズ。モダンに再構築し、快適な履き心地と高いデザイン性を誇る「327」と、コートスタイルをグリップ性に優れたラバーカップソールでブラッシュアップした「PRO COURT CUP」です。
定番モデルとシーズンのキースタイルをエコフレンドリーにアップデートした、現代的なスニーカーとなっています。 使用済みコーヒー粉を再利用した環境派スニーカー

使用済みコーヒー粉を再利用した環境派スニーカー

エコスニーカー「XpreSole(エクスプレッソ―ル)」の日本上陸プロジェクトがクラウドファンディングサイト「Kibidango」で展開されています。
「XpreSole」は、使用済みのコーヒー粉を原料としたサスティナブルスニーカーで、エコフレンドリーでありながら機能性も高いのが特徴です。

アッパー、アウトソール、インソールに至るまで主原料がコーヒー豆の粉で、プラスチックを可能な限り削減して作られています。
またコーヒー素材のため一般的なスニーカーより防臭効果が高いのも魅力です。
靴底には滑り止め加工がしてあるほか、防滴、防塵加工がしてあるので水辺でも安心で、汚れた際もお手入れが簡単です。
超軽量の290gで、UV加工、歩きやすさの対策もしっかりされています。

3色のシンプルシリーズや、コーヒーフラワー柄のほか、DCヒーローコラボもあるのでデザイン性もばっちりです。

おわりに

環境に配慮したサステナブルなシューズをご紹介しました。
今度の旅ではエコスニーカーを履いて行き、足元からエコを考える生活をはじめませんか?

情報提供元:旅色プラス
記事名:「足元からエコな生活を。散歩したくなる環境にやさしいシューズ