東京メトロ 有楽町線 副都心線 17000系

東京メトロは、有楽町線・副都心線の新型車両17000系をきょう2月21日から営業投入する。2022年度までに全21編成を導入し、現行の7000系を置き換える。

17000系は、有楽町線・副都心線用としては2006年にデビューした10000系以来、15年ぶりの新型車両。従来車両と同様にラインカラーのブラウンとゴールドの帯をまとい、車内もその色彩に同調させたデザインとなっている。フロントデザインは丸みを帯びた形状で、ヘッドライトは従来型車両と同様の丸形を採用。2020年度グッドデザイン賞を受賞している。

東京メトロは2019〜2021年度の中期経営計画「東京メトロプラン2021」で、2021年度までに日比谷線、丸ノ内線、有楽町線、副都心線、半蔵門線の5路線に新型車両を導入することを発表している。このうち、日比谷線13000系は2016年度から、丸ノ内線2000系は2018年度から営業運転が始まっている。半蔵門線には2021年度上半期から18000系が導入される計画。

■関連記事 東京メトロ、新型車両17000系公開 2021年2月から有楽町線・副都心線に導入

情報提供元:Traicy
記事名:「有楽町線・副都心線の新型車両17000系、きょうデビュー