ブリティッシュ・エアウェイズは、復刻塗装のボーイング747-400型機(機体記号:G-CIVB)を、コッツウォルズ空港で保存すると発表した。

創立100周年を記念して行われた4機の復刻塗装機のうち、1970年代から80年代にかけて使用していたデザインの機体で、10月8日にヒースロー空港を最後に離陸したボーイング747-400型機2機のうち1機だった。1994年2月に導入後、13,398便を運航し、飛行時間は118,445時間、飛行距離は約6,000万マイルに達する。最後の旅客便は、今年4月6日のマイアミ発ロンドン/ヒースロー行きだった。

機内は会議やプライベートレンタルができる会場とするほか、地元の人のために映画館や修学旅行の訓練施設として利用できるよう改造する見通し。2021年春から一般公開を予定する。集まった資金の大部分は、奨学金や慈善事業の支援として使われる。

情報提供元:Traicy
記事名:「ブリティッシュ・エアウェイズ、復刻塗装のボーイング747型機をコッツウォルズで保存 機内は改修