エアアジア・ジャパン

エアアジアグループは、クレジットアカウントの有効期限を730日に延長することを決めた。

新型コロナウイルスの影響で欠航となった場合、日程変更もしくはクレジットアカウントへの返金が可能となる。予約便の出発前までに、チャットボット「AVA」を通じて手続きができる。

日程変更は、12月31日までの希望日への変更が、空席があれば何度でも可能。クレジットアカウントへの返金は、利用者のエアアジアBIGアカウントに対して、予約金額分を付与する。730日以内に予約を行えば、それ以降の利用もできる。すでにクレジットアカウントを受領済みの利用者に対しても、未使用のクレジットアカウントの有効期限を付与日から2年間に自動的に延長する。

旅行会社などから予約した場合、予約した旅行会社に直接問い合わせるよう求めている。エクスペディアを通じて予約した場合には、AVAから手続きができる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア、クレジットアカウントの有効期限を730日に延長