国道九四 涼かぜ

大分県佐賀関港と愛媛県三崎港を結ぶ国道九四フェリーは、新型船「涼かぜ」を、2021年2月に就航させる。

2001年就航の「遥かぜ」の代替船となる。エレベータ、多目的トイレなどを設置しバリアフリーに対応するとともに、授乳室やキッズスペース、有料の個室、展望席、マッサージチェア室などを設ける。また、「遥かぜ」よりも船体を大型化し、車両積載台数が乗用車換算で16台程度増加する。客室スペースも拡大し、「元気さ」と「スマートさ」をテーマに、フロアごとに内装を変化させるデザインとする。

情報提供元:Traicy
記事名:「国道九四フェリー、新型船「涼かぜ」が来年2月に就航