5月6日、横浜ゴムはBMWの高性能モデルである新型「M3セダン」および新型「M4クーペ」に、「アドバンスポーツV107」が新車装着用タイヤとして採用されたことを発表した。装着サイズはフロントが275/40ZR18 103Y、リヤが285/35ZR19 103Y。

ハイパワー・プレミアムカーに必要不可欠なダイレクトなハンドリングかつ高い操縦安定性を発揮できる性能に仕上げられている

「アドバンスポーツV107」は、横浜ゴムが誇る最高峰ブランド「ADVANシリーズ」のハイパフォーマンスタイヤ。今回新車装着されたタイヤはBMW M社と共同開発しており、パターン面では高いドライ性能と耐摩耗性を両立するために溝面積を調整し、専用コンパウンドを組み合わせている。ウェット性能においては、欧州ラベリング制度における最高レベルの「A」を獲得している。

ヨコハマ「アドバンスポーツV107」

プロファイル面では、接地面が均一になるようにマウンド・プロファイルを採用し、ドライ性能、耐摩耗性に貢献。構造面では、タイヤの骨格であるカーカス材に専用の部材を採用、またカーカス材を締め付けるベルトの角度を一般的な補修用タイヤに比べ角度をつけることにより、ハイパワー・プレミアムカーに必要不可欠なダイレクトなハンドリングかつ高い操縦安定性を発揮できる性能に仕上げられている。



新型「M3セダン」「M4クーペ」向けに開発されたタイヤは、コース全長約25km、コーナー総数約200、高低差300mの世界一過酷なサーキット場といわれるドイツのニュルブルクリンクで評価され、高いパフォーマンスでの走行を可能にしている。また、公道でもサーキットでも驚異的なパフォーマンスを発揮出来るBMW Mモデルに相応しいタイヤとなっている。限られたタイヤメーカーのみが参入可能なBMW Mモデル、タイヤサイドにはBMW M社からの技術力、品質、信頼の承認を示す★印(スターマーク)が刻印されている。

シュニッツァーBMW M3(1987年WTCC)

横浜ゴムは世界トップレベルのレースへ参戦するBMWに対し高性能レーシングタイヤを供給しており、これまでに輝かしい戦績を残している。海外では「シュニッツァーBMW M3」がWTCC(世界ツーリングカー選手権)の初代チャンピオン(1987年)、欧州ツーリングカー選手権チャンピオン(1988年)を獲得。さらに世界的耐久レースであるニュルブルクリンク24時間レースとスパ・フランコルシャン24時間レースにおいて計5回の優勝を獲得している。また、98年にはアメリカフロリダで開催されたデイトナ24時間耐久レース、セブリング12時間レースでクラス優勝するなど、レース面においてもBMW M3とヨコハマタイヤの関係性は深い。

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 BMWの新型M3セダン&M4クーペの新車装着用タイヤに横浜ゴムの「アドバンスポーツV107」が採用!