日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員も務める自動車ジャーナリストの工藤貴宏さんが選んだ「最強のお買い得車」は、スズキ・スイフトスポーツ、ホンダS660、トヨタMIRAI。S660は22年3月の生産終了を発表。本格スポーツカーをこんなにお手軽な価格で手に入れられることはもう二度とないだろう。



TEXT●工藤貴宏(KUDO Takahiro)

1台目:スズキ・スイフトスポーツ|201万7400円-208万8900円

日本を代表するホットハッチといえば「スイスポ」ことスズキ・スイフトスポーツ。コスパというテーマならこのクルマを外すわけにはいかない。



車体のベースこそ普通のハッチバックのスイフトだけど、1.4Lターボ(このエンジンはエスクードにも積むけれどスイスポ用はハイオク仕様にチューニング済み)エンジンをはじめ、MTは6速化とパワートレインはベース車とまったく別物。サスペンションはバネやダンパーとスタビだけじゃなく一部のアーム類も専用設計。そのうえ見た目はバンパーやグリルだけじゃなく、フェンダーだってワイドにした専用デザイン。とにかく手が込んでいる。コストがかかっている。国産のホットハッチでここまで手が込んでいるライバルはちょっと見かけないといっていい。



にもかかわらず価格は、187万4400円から(先進安全装備を外した受注生産車のMT)。このプライスタグは間違って付けっちゃたとしか思えないんだけど...。



ランキング圏外ではあるけれど、日産マーチのスポーツグレード「NISMO S」の187万6600円という価格設定も中身を考えると激安だ。

ベースのスイフトに対して、専用パーツを多数おごっているスズキ・スイフトスポーツ。その手間暇とコストを考えれば、約200万円の価格はバーゲンだ。

日産マーチ NISMO Sは、ファインチューンが施された1.5Lエンジン(116ps)を搭載。ボディ補強や専用サスペンションも採用して「NISMO」の名にふさわしいファンな走りを披露する。

2台目:ホンダ S660|203万1700円-232万1000円

スポーツモデルといえば、ホンダS660も激安としか言いようがない。エンジンこそNシリーズ用を流用しているものの、専用プラットフォームなうえに少量生産だから開発もコストもとにかくお金がかかっている。生産終了までの生産台数は4万台ほどと予測されるが、開発費を生産台数で割ると1台当たりの負担は普通のクルマとは比較にならない額になるだろう。とにかく贅沢だ。



そんなS660の車両価格は、203万1700円から。軽自動車としては高いけれど、軽自動車だなんて思わず専用設計の車体を持つ本格スポーツカーがこの値段と考えたら...夢を見ているとしか思えない。



ときどき「普通のクルマ用に作ったエンジンを積むスポーツカーなんてありえない」という人がいる。そんな人には「ロータス『エリーゼ』とか『エヴォーラ』、そしてケータハム『Seven 160』といったスポーツカーを知っているのか?」と小一時間問い詰めたいところだ。

22年3月での生産終了が発表されたところ、オーダーが殺到して完売状態となってしまったホンダS660。写真は最後の特別仕様車となったモデューロX バージョンZだが、こちらもソールドアウト。

3台目:トヨタMIRAI|710万円-860万円

単純に「安い」とはいえないけれど、内容を考えると「激安じゃん!」と思わずにいられないのが、トヨタMIRAI。新型は車体の基本骨格がレクサスLSと同じ、インテリアの作り込みや装備もレクサスLS並み、そのうえたっぷりコストのかかった燃料電池を搭載。そんなクルマが定価で700万円ちょっとから(レクサスLSは1073万円から)、補助金を計算に入れると500万円台から買えるのは激安としか言いようがない。



この実質価格は、クラウンのV6ハイブリッド(710万7000円~)より安いだけでなく、4気筒ハイブリッドの最上位グレード(597万9000円)よりも安いほど。新型MIRAIは車格的には“クラウン以上”なんだから、これを激安といわずして何を激安と言ったらいいか...。



まあ、家の近くに水素充填施設がないと買うのは勇気がいるんだけど。

技術のショーケースという側面が強かった初代に対して、2代目のMIRAIは1台の自動車としてもその魅力を大いに増している。

4月12日からは、最新の運転支援技術「アドバンスドドライブ」を搭載したモデルの発売も開始された。

『プロが選ぶ最強のお買い得車』は毎日更新です!



予算に限りがある庶民にとって、車選びの際にこだわりたい要素が「コストパフォーマンス」。つまり、その車がお買い得かどうか、ということ。ただ安ければいいというわけではありません。ポイントは「値段と性能が釣り合っているか」。だから、価格が安い軽自動車だからコスパがいいとは限りませんし、1000万円以上のスーパーカーだってその価格に見合う機能や魅力があればお買い得と言えます。



というわけで、自動車評論家・業界関係者といった「クルマのプロ」たちに、コストパフォーマンスが高い「お買い得」な新車を3台ずつ、毎日選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに。

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 【プロが選ぶ最強のお買い得車|ホンダS660】これは夢か現実か!? ミッドシップの本格スポーツカーがこの価格で買えたなんて!