オフロードの雄、ジープ・ラングラー アンリミテッド・ルビコン(RUBICON)をより険しいラフロードを走行できるようにタイガーオートがカスタマイズしたのが、このクルマだ。

オフロードに特化したグレード『RUBICON』をより険しいラフロードも走破できるようカスタマイズしたというだけあった、見るからにタフなジープ・ラングラー・ルビコンに仕上がっている。オフロードでの走破性能を一番に考えて作ったクルマである。

タイヤはニットーのトレイルグラップラー

まずは、タイヤ&ホイールだ。

タイヤはニットーのトレイルグラップラー。直径40インチ、約1mで、組み合わせているホイールはKMCのリアルビードロック。これはタイヤの空気圧を100kPa以下に落としてもビードが落ちないタイプだ。岩場でタイヤが岩を包み込むように走行できるので、グリップ力が上がる特性がある。ノーマルでも高いルビコンのオフロード性能をさらに上げている。

タイヤ&ホイール1本分で重量は68kgだ。

ショックアブソーバーはKINGというアメリカのオフロードレース界で装着率ナンバー1のブランドのものを使う。

フェンダーとボンネットフードは、FRP製にLINE-Xという米軍が唯一採用した特殊塗装が施されている。爆風にも耐えられるというもので、割れにくい塗装だ。この塗装を施すことで木や岩にヒットしても割れにくいタフなものに仕上がっている。

LINE-X(ラインエックス)は、アメリカ軍が認めた強い耐久性と適度な柔軟性を持つ特殊塗装。 傷防止から、防錆・耐塩害・耐摩耗・滑り止めなどの効果があるという。

FRPに換装されて軽量化されたエルフォード製ボンネットフード

ただ一般的にはちょっと買い物へ行くというよなときには使えない車。なんで、新車のコンプリートカー、タイガーパッケージを用意している。普通といってもノーマルよりもタイヤはワイドにしているし、リフトアップもしている。こちらもなかなか精悍で魅力的だ。

手前がJeep WRANGLER アンリミテッドサハラ タイガーパッケージ

情報提供元:MotorFan
記事名:「 直径1mのタイヤはホイール込みで重量1輪68kg!タイガーオートのJeep WRANGLER RUBICON