ルノー・ジャポンはこのほど、フルモデルチェンジを受けて二代目となる新型「キャプチャー」を、2月に日本に導入する予定であることを明らかにするとともに、1月14日からルノー公式Webサイトで特設ページの展開をスタートさせた。

新型には先進運転支援システム「ADAS」を装備

2013年に欧州で発売されて以来、キャプチャーはBセグメントSUVとしてコンパクトSUVのマーケットをリードしてきた。新型キャプチャーは、アスリートのしなやかな筋肉を彷彿させる躍動的でダイナミッ クなエクステリアデザイン、選びぬかれたマテリアルによって上質に仕立てられたインテリア、コンパクトでありながら優れた機能性、上位モデルに匹敵する性能を発揮するパワートレーンと新設計プラットフォームがもたらすパワフルで余裕のある走り、そしてドライバーをサポート する最新の運転支援システムと、すべてにおいてコンパクトSUV の枠を超えたモデルに生まれ変わったと同社は説明する。

さらに新型キャプチャーには、すでに発売されている新型ルーテシアと同様に、360度カメラやアダプティブクルーズコントロールを含む先進の運転支援システム(ADAS)が装備されるとのこと。気になる方は、ぜひ新型キャプチャー特設ページにアクセスを。

●ルノー公式WEBサイト「新型キャプチャー特設ページ」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 BセグSUVの大本命!? ルノー・ジャポンが新型「キャプチャー」を2月に導入すると予告! 公式WEBサイトでは導入に向けて特設ぺージを公開中