フェラーリ・ジャパンは、2020年9月にイタリア・マラネロで初披露された最新2+GTスパイダー、フェラーリ・ポルトフィーノMを国内発表した。価格は日本仕様のベース価格で2607万円(税別2370万円)。

ポルトフィーノ(Portofino)Mは、

2008年 California

2012年 California 30

2014年 California T

2017年 Portofino

と続くフェラーリのGTスパイダーの最新作である。



「M」の意味はイタリア語の「Modificata(モディファイ)」を意味し、フェラーリではパフォーマンスを押し上げる進化を遂げたモデルに使われる名称だ。

全長×全幅×全高:4594mm×1938mm×1318mm ホイールベース:2670mm

最高速度:320km/h 0-100km/h加速:3.45秒 0-200km/h加速:9.8秒

フェラーリジャパンのフェデリコ・パストレッリ社長は、フェラーリ・カリフォルニアのプロダクトマネージャーだった。

フェラーリ・カリフォルニアのプロダクトマネージャーだったフェラーリジャパンのフェデリコ・パストレッリ社長は、ポルトフィーノMを「毎日使える全天候型フェラーリ」と表現する。リトラクタブル・ハードトップを上げれば完璧なクーペ、下ろせば優雅なスパイダーになる「一台にふたつの魂」を持つのがポルトフィーノMである。

フロントエンドが新デザイン
新型のポルトフィーノM ミラーを含めた全幅は2020mm

前型のポルトフィーノ

ポルトフィーノからの改良点

ポルトフィーノより20ps出力アップ
形式:3.9ℓV型8気筒DOHCターボ 型式: 排気量:3855cc ボア×ストローク:86.5×82.0mm 圧縮比: 燃料供給:DI

最高出力:620ps(456kW)/5750-7500pm 最大トルク:760Nm/3000-5750rpm

スピードセンサー付きの新型ターボの採用と新しいカムプロフィールでバルブリフト量を増やしたことなどで20ps、最高出力が向上している。

また、GPF(ガソリンパーティキュレートフィルター)搭載のエキゾーストラインを新たに設計した。リヤサイレンサーを廃止し、新形状のバイパスバルブを新しい制御方法でコントロールすることで定評のあったエンジンサウンドに磨きをかけた。

新採用となった8速DCT

従来の7速DCTに変わって8速DCTを採用した。この8速DCTのスターティングデバイスは、オイルバス式デュアルクラッチ構造でクラッチモジュールは20%小型化された。そのうえで、トルクデリバリーは35%向上したという。8速DCTの制御ソフトウェアはフェラーリ内製とした。ギヤ比は7速までがショート、8速がオーバードライブとなっている。

5ポジションのマネッティーノの導入。 フェラーリのGTスパイダーとしては初採用。

WET/COMFORT/SPORT/RACE/ESC OFFの5ポジションを選択可能とした。新たに加わったポジションは「RACE」と「WET」である。

新型ポルトフィーノM

新型ポルトフィーノMの価格は、日本仕様のベース価格で税別2370万円である。

フェラーリ・ポルトフィーノM

全長×全幅×全高:4594mm×1938mm×1318mm

ホイールベース:2670mm

車重:1545kg(軽量オプション装着車)

サスペンション:Fダブルウィッシュボーン式&マルチリンク式

駆動方式:FR

エンジン

形式:3.9ℓV型8気筒DOHCターボ

型式:

排気量:3855cc

ボア×ストローク:86.5×82.0mm

圧縮比:

燃料供給:DI

最高出力:620ps(456kW)/5750-7500pm

最大トルク:760Nm/3000-5750rpm

燃料:プレミアム

トランスミッション:8速DCT

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「M」はモディファイのM、フェラーリ・ポルトフィーノM登場! 進化した2+GTスパイダー 20psアップ+8速DCT採用