ブリヂストンはこのほど、1月11日から14日まで、すべてオンラインで開催されている世界最大規模のテクノロジーの国際見本市「CES 2021(コンシューマーエレクトロニクスショー2021)」に出展していることを発表した。この出展を通じ、同社が掲げているビジョン「2050年にもサステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供する会社であり続けること」の実現に向けた取り組みを紹介している。

ブリヂストンの「断トツ商品」「断トツサービス」「断トツサービスネットワーク」といったリアルとデジタルの組み合わせによる「断トツソリューション」を疑似的に体感可能

ブリヂストンの出展ウェブサイトにアクセスすると、同社の考える未来のサステナブルなモビリティ社会である架空都市「Bridgestone World」が訪問できる。「Bridgestone World」の中における都心部、郊外、産業や運送業の現場では、同社独自のソリューションビジネスのプラットフォーム「Bridgestone T&DPaaS」(Bridgestone Tire and Diversified Products as a Solution)を通じて、「断トツ商品」、「断トツサービス」、「断トツサービスネットワーク」といったリアルとデジタルの組み合わせによる「断トツソリューション」を疑似的に体感することができる。そして、モビリティ社会の実現を目指し同社が提供していく社会価値・顧客価値を理解することが可能だ。



また、スペシャルコンテンツとして、グループ会社のブリヂストン アメリカス・インク(BSAM)CEOであるPaolo Ferrariが、モビリティ社会におけるブリヂストンの展望を紹介する動画をストリーミング配信。あわせて「Bridgestone World」のライブツアーや同社グループの「ウェブフリート」ソリューションについてのライブ放映も予定している。

●CES 2021「Bridgestone World」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ブリヂストンがオンラインで開催中の「CES 2021」に出展。テクノロジーやイノベーションで描く未来のバーチャル都市を展示