マツダの北米部門である北米マツダ(Mazda North America Operations)が2020年12月の販売台数データと2020年の年間販売データを発表した。これによると、2020年12月は、前年同月比+18.2%となり、マツダの北米セールスは復調している。

2020年も北米でもっとも売れたマツダ車はCX-5だった。その数、14万6420台。

2020年、北米でもっとも売れたマツダ車は、不動の四番バッターとも言えるCX-5だった。1万7954台を売り上げた。これは前年同月比で+14.1%という好成績だ。



好成績なのは、CX-5だけではない。前年同月比58.1%と大幅にセールスを伸ばしたのは、MX-5 Miata(ロードスター)である。コロナ禍で閉塞したムードのなか、ロードスターは世界各国で高セールスを記録しているという。



では、2020年の年間セールスを見てみよう。

コロナ禍でロードスターは世界各国でセールスが好調だという

Mazda3 3万3608台(ー33.8%)

Mazda6 1万6204台(ー24.7)

MX-5 Miata 8807台(+13.6%)

CX-3 8335台(ー48.6%)

CX-30 3万8064台

CX-5 14万6420台(ー5.3%)

CX-9 2万7638台(+2.9%)

トータル 27万9076台(+0.2%)



総販売台数は昨年よりわずかに増加(+0.2%)した。これはひとえに、実質的に新規投入モデル(2019年後半に市場投入が始まった)CX-30の好調によるものだ。CX-30の3万8064台が大きく効いている。CX-30は、CX-5に次ぐ2番手のポジションを確保したと言って良いのではないだろうか。



いっぽう、不調だったのは、CX-3。年間トータルでも昨年から半減してしまった。これはモデル末期とコロナ禍のダブルパンチを受けたから。

年間販売台数は、前年比+0.2%とコロナ禍の状況下で健闘したと言えるマツダ。ここ5年の年間セールスを見てみると次のようになる。

2020年:27万9076台

2019年:27万8552台

2018年:30万325台

2017年:28万9470台

2016年:29万7773台



27.9万台で喜んでいられないのも見て取れる。2021年のマツダはどうなるだろうか?

情報提供元:MotorFan
記事名:「 立役者はCX-30だ!2020年マツダの北米年間セールスは前年比+0.2%まで回復!